ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

従業員事務所を2階以上の高所へ配置

味の素物流、津波で全損の跡地に中核物流拠点再建

2014年3月13日 (木)

フード味の素物流、津波で全損の跡地に中核物流拠点再建味の素は13日、物流子会社の味の素物流(東京都中央区)が、東日本大震災の津波被害で全損した東北地方の中核物流拠点を再建し、「新仙台低温物流センター」として17日から稼働を開始すると発表した。

味の素物流では、建物の構造強化や、従業員事務所を倉庫の2階以上へ配置するなどの地震・津波対策を講じた上で、被災した前施設と同じ場所に新物流センターを建設。

具体的には、鉄骨造から鉄筋コンクリート造へと建物の構造強化を図り、建屋の2階に車両の駐車スペースを設置。変電設備・自家発電機といった電源設備も高所へ配置した。

冷蔵(チルド)・冷凍倉庫とドライ倉庫の機能を兼ね備え、3温度帯倉庫が少ない東北エリアで強みとしている低温物流サービスを提供する。東北6県を対象とした味の素グループ向け物流拠点として運用するとともに、全国の物流ネットワークを構築する拠点に位置付ける。

■味の素物流新仙台低温物流センターの概要
所在地:宮城県仙台市宮城野区蒲生2丁目31番4
構造:地上3階建て
敷地面積:9940平方メートル
延床面積:9780平方メートル
設備投資額:17億円
着工:2013年3月1日
完工:2014年2月28日
稼働開始:2014年3月17日
従業員数:60人