最新物流セミナー・イベント情報

9月 30 @ 08:00 – 10月 29 @ 21:00 オンライン
ロジスティクス・物流領域におけるNECデジタルイベントが開催される。製造業、卸売業、小売業から物流業まで様々な業種に活用できる物流ソリューション展示やセミナーを紹介する。 NEC Logistics Week 2021秋 ~ -Next New Normal- 共に創るロジスティクスの新しいあたりまえ~ ■出展一覧 ・車などの遠隔見守りの高度化に貢献する「車外・車室内状況見守りソリューション」 ・AIを活用した交渉による業務支援(研究開発) ・物流ロケーションにフィットするロボットによる搬送サービス ・効率的なトラックの運行管理・倉庫の在庫管理を行う為の「積載量可視化ソリューション」 ・物流ソリューション「ULTRAFIXシリーズ」 ・手軽にはじめる荷物の採寸作業・保管や輸送の最適化「ポンと置いて、さっと計測~荷物サイズ計測ユニット」 ・通関業務のデジタル化を実現 働き方改革推進・通関業務効率化提案 ・物流センター向け業務パッケージ(WMS) EXPLANNER/Lg ・サプライチェーンのリスクを低減する物流可視化クラウドサービス NeoSarf/Logistics ■Webセミナー(アーカイブ配信も予定) ・「Intelligent Logistics & Mobility」~New Normalの一歩先へ サプライチェーンをひとつにつなぐロジスティクス~ ・安心安全で効率的な人とモノの移動を支援するNECのモビリティソリューション ・物流起点のサプライチェーン改革 ・AI、ドローンを活用した物流配送業務の調整 ■概要 日程:9月30日(木)~10月29日(金) 参加費:無料(要事前申込) 定員:200人 参加方法:オンライン 詳細ページへのリンク
10月 6 @ 10:30 LOGIBASE川越
即入居可「LOGIBASE川越」 ソーシャルディスタンス内覧会 &「物流ロボティクスサービスRaaS」実演会開催 シービーアールイー(CBRE)は10月6日~8日、「LOGIBASE川越」で現地内覧会・「AIロボットによる物流自動化・効率化」実演会を開催する。参加者には、来場者特典としてキャンペーン条件の提示を行う予定。 ■物件概要 所在:埼玉県狭山市新狭山1-13-3 敷地面積:5308.68平方メートル(1605.88坪) 延床面積:1万789.95平方メートル(3263.96坪) 構造・規模:鉄骨造4階建 入居開始日:即可能 実演会内容(プラスオートメーション) 「物流ロボティクスサービスRaaS」 【RaaSとは】 RaaS(ラース)とはロボットサービスを月額定額制(数十万円/月~)のサブスクリプション型で提供するもの。高額なマテハン導入を諦めてきた中小規模の物流センターでも活用可能なサービスであることを、仕分けロボット「t-Sort」の利用方法と併せて紹介する。 ■内覧会・実演会概要 開催日:10月6日(水)、7日(木)、8日(金) 時間:10時30分~/13時~/15時~(各日3回) 場所:LOGIBASE川越(埼玉県狭山市新狭山1-13-3) アクセス:西武新宿線「南大塚駅」徒歩19分 申込フォームへのリンク
10月 6 @ 10:30 – 12:00 オンライン(Zoom)
物流業界はここ数年、慢性的な人手不足に苦しんでいる。解決策として、人的リソースの拡充、具体的には人材派遣・紹介会社への相談か、もしくは、人に頼らない物流オペレーションの構築=自動化の検討を進めている企業も多い。どちらを選択すべきか判断するのは非常に難しいだろう。 今回は、物流・事務サービス・公共事業を中心に様々な人材サポートを行っているOTS、物流ロボティクスソリューションをサブスクリプション型で提供しているプラスオートメーション、モノフルの3社にて、「人材 VS ロボット」をテーマにパネルディスカッションを行う。 「人材 VS ロボット」 売上UP~物流作業の効率化まで徹底解説! ■プログラム 適材ナビOTSプランご紹介 ・物流向けRaaSご紹介 ・モノフルご紹介 ・パネルディスカッション -この業務って、人材とロボット、どちらが良い? -トラブル対応ってどうするの? -コストって実際どうなの? ・将来展望 ■概要 開催日:10月6日(水) 時間:10時30分~12時 参加費:無料 参加方法:オンライン(Zoom) 申込フォームへのリンク
10月 6 @ 11:00 – 11:40 オンライン
スエズ運河経由の海上ルート一辺倒だった欧州向けコンテナ輸送。コロナとスエズ運河の座礁事故により、海上輸送は物流混乱期の真っ只中だ。欧州向けの代替手段としてシベリアランドブリッヂが再び注目されている中、日新が利用するメリット、上手な利用方法を提案する。 シベリアランドブリッヂ – 地球のための輸送提案 – (講師:日新 国際営業第一部 ロシアC.I.S室 次長 尾関誠氏) ■概要 開催日:10月6日(水)、13日(水) 時間:いずれも11時~11時40分 定員:いずれも100人 参加費:無料 参加方法:オンライン 10月6日の申込フォームへのリンク 10月13日の申込フォームへのリンク
10月 6 @ 13:00 – 17:50 一橋講堂(ライブ配信有り)
変化創出や変革の遂行は、環境認識や大局観を持ちながら儲かる市場機会を特定し、事業のあるべき姿を想像するトップの戦略的思考と意思決定が必要となる。実行フェーズにおいては、経営トップの主体的なアクション、周囲の巻き込み、必要となるリソース調達、抵抗勢力への対応、失敗しても仮説検証を推進する風土・文化づくりなど、各フェーズにおいて難所がつきものだ。 このセミナーでは、競争戦略の大家である一橋ビジネススクール楠木建教授が、激動の時代にこそ経営者が陥りがちなトラップや競争優位性を高めるための戦略思考の枠組みについて紹介。 また、実際に社会や社内を動かす取り組みを推進するにおいて、実践的な事例エピソードを披露する。 特別講演では、日本において構造改革・変革といえばまず第一に想起される第87・88・89代内閣総理大臣小泉純一郎氏が 「日本の歩むべき道」と題して講演。変革を徹底するリーダーシップについて体感できるとともに、戦略・組織・リーダーシップの側面からDXや変革プロジェクトを考え直し、変革人材としての経営スキル・変革のリーダーシップを磨くスペシャルプログラムを提供する。 勝ち残るための変化創出・変革徹底アジェンダ ~DX・企業変革の戦略・組織・徹底力を再考する~ ■プログラム ・基調講演 逆・タイムマシン経営論:同時代性の罠 (講師:一橋ビジネススクール 楠木建氏) ・主催者講演 戦略ストーリーを完結・徹底させるオペレーショナル・エクセレンス ~収益ドライバーを刺激するデジタル・ケイパビリティの確立~ (講師:ClipLine 取締役CEO 金海憲男氏) ・変革実践事例講演 DX経営成功事例:デジタルシフトによる組織変革の難所の乗り越え方 Session1 環境変化の荒波を乗り越える! 吉野家の戦略PR・マーケティングと組織を巻き込むオペレーション戦略 (講師:吉野家CMO 兼 グリッドCEO 田中安人氏) Session2 マックハウス、利益創出に向けた動画×デジタルを活用した人材育成・マネジメント改革の現在 (講師:マックハウス 店舗運営部運営一課課長 水野貴之氏) Session3 運輸・物流業界のマネジメントDX ~組織マネジメント・サービスマネジメント観点からの業績向上支援~ (講師:ClipLine 取締役CEO 金海憲男氏) ・特別講演 日本の歩むべき道 (講師:第87・88・89代内閣総理大臣 小泉純一郎氏) ■概要 開催日:10月6日(水) 時間:13時~17時50分 定員:会場50~100人/ライブ配信1000人(抽選制) 参加費:無料 参加方法:会場/オンライン(Zoom) 申込フォームへのリンク
10月 7 @ 09:00 – 17:30 オンライン
ロボティクス・AI・SaaSなどのテクノロジーを活用した最新物流ソリューションの情報を、一度に収集できる完全オンラインイベント。その場で気軽に・個別に、出展企業からの情報収集や相談が行える。 一部のセッションのみの参加も可能。出展企業のバーチャルブースでは、開催期間中いつでも、サービス資料をダウンロードできたり、出展企業担当者とコミュニケーションが可能だ。 MOVO EXPO 2021 オンライン物流展 ■出演者 菅野裕介氏(KURANDO セールスマネージャー) ⼩原義和氏(スタディスト 営業部マネージャー) 廣辻孝氏(SmartHR 関西支社 セールスグループ シニアアカウントエグゼクティヴ) 西藤謙氏(Mujin 営業本部 物流営業部) 比戸将平氏(Preferred Networks 執行役員 インダストリーソリューション担当VP) 海野裕也氏(Preferred Networks 執行役員 ロボットソリューションズ担当VP) 渕井浩樹氏(Automagi AIビジネス部 シニアスペシャリスト) 横川洸司氏(シーネット 営業本部 営業部 グループリーダー) 堀篭宏章氏(ダイアログ 執行役員LogiX事業部長) 栗山裕之氏(ライナロジクス 営業部 部長) 塚原悟氏(SAPジャパン インダストリー & カスタマーアドバイザリー統括本部デジタルサプライチェーン部ソリューションスペシャリスト) 坂田優氏(Hacobu 取締役COO) ■概要 開催日:10月7日(木) 時間:9時~17時30分 定員:2000人 参加費:無料(事前申込が必要) 参加方法:オンライン 申込フォームへのリンク
10月 7 @ 10:30 KRD-LOGISTICS 八千代
ジョーンズ ラング ラサール(JLL)は10月7日(木)、8日(金)の2日にわたり、千葉県八千代市の大型物流施設「KRD-LOGISTICS 八千代」において内覧会を開催する。 県道61号線沿いに位置し、関東圏への配送に適する営業倉庫免許を取得可能な物流施設。東葉高速鉄道「八千代緑が丘駅」より約 600m と徒歩圏内で、近隣に商業施設、利便施設を擁し、雇用確保にも有利な立地を兼ね備えているのが強みだ。 「KRD-LOGISTICS 八千代」 ■物件概要 所在:千葉県八千代市吉橋字内野1064-2 他 構造・規模:RC+S造4階建て 天井高:梁下有効5.5メートル 床:高床式 賃貸面積: 【倉庫・バース】 1階:6404平方メートル(1937坪) 2階:5229平方メートル(1582坪) 3階:7617平方メートル(2304坪) 4階:7617平方メートル(2304坪) 【事務所・会議室】 1階:295平方メートル(89坪) 2階:378平方メートル(114坪) 3階・4階:17平方メートル(5坪) 入居開始日:2022年1月予定 アクセス:京葉道路「花輪 IC」「武石 IC」より約9キロ、東葉高速鉄道「八千代緑が丘駅」より約600メートル、徒歩約8分 ■内覧会・実演会概要 開催日:10月7日(木)、8日(金) 時間:10時30分~/13時30分~/15時~(各日3回) 【申込方法】 会社名、参加者名、人数、希望時間をメールまたは電話で連絡 JLL オフィスリーシングアドバイザリー事業部 インダストリアルリーシングチーム 根岸:080-9123-5246/tomoaki.negishi@ap.jll.com 原:080-4370-7127/takafumi.hara@ap.jll.com ※申込期限:10月5日(火)
10月 7 @ 10:30 LOGIBASE川越
即入居可「LOGIBASE川越」 ソーシャルディスタンス内覧会 &「物流ロボティクスサービスRaaS」実演会開催 シービーアールイー(CBRE)は10月6日~8日、「LOGIBASE川越」で現地内覧会・「AIロボットによる物流自動化・効率化」実演会を開催する。参加者には、来場者特典としてキャンペーン条件の提示を行う予定。 ■物件概要 所在:埼玉県狭山市新狭山1-13-3 敷地面積:5308.68平方メートル(1605.88坪) 延床面積:1万789.95平方メートル(3263.96坪) 構造・規模:鉄骨造4階建 入居開始日:即可能 実演会内容(プラスオートメーション) 「物流ロボティクスサービスRaaS」 【RaaSとは】 RaaS(ラース)とはロボットサービスを月額定額制(数十万円/月~)のサブスクリプション型で提供するもの。高額なマテハン導入を諦めてきた中小規模の物流センターでも活用可能なサービスであることを、仕分けロボット「t-Sort」の利用方法と併せて紹介する。 ■内覧会・実演会概要 開催日:10月6日(水)、7日(木)、8日(金) 時間:10時30分~/13時~/15時~(各日3回) 場所:LOGIBASE川越(埼玉県狭山市新狭山1-13-3) アクセス:西武新宿線「南大塚駅」徒歩19分 申込フォームへのリンク
10月 7 @ 11:00 – 12:00 オンライン(Zoom)
廃棄物処理業界に特化したコンサルティングを展開する「イーテラス」と、動態管理システム「Cariot」双方のサービスを紹介し、それぞれのシステム導入によって削減されるアナログ業務や、システムを活用した事例について紹介する。 セミナーの最後には、両社それぞれのサービスの特徴を踏まえて、視聴者の質問に答えるトークセッションを予定している。 産廃業界におけるアナログ業務を削減するシステム活用術 ■プログラム 第1部:産廃業界の課題とDX革命事例 (イーテラス チーフコンサルタント 安井智哉氏) 第2部:Cariotのリアルタイム位置情報で実現する車両業務改善 (フレクト 執行役員 Cariot事業部事業部長 大槻真嗣氏) 第3部:トークセッション ■概要 開催日:10月7日(木) 時間:11時~12時 参加費:無料 参加方法:オンライン(Zoom) 申込フォームへのリンク
10月 7 @ 13:00 – 13:50 オンライン(Zoom)
コロナにより、多くの企業で業績に大きな影響が出た一方で、様々な助成金・制度融資などにより、運送業の倒産件数は2019年度と比較して、今のところそれを下回る件数で推移している。この状況下のもと、荷主企業の自社物流化が加速していき、今まで以上に物流会社が荷主を獲得することは難しくなるだろう。 営業のDX化により案件を獲得し、効率的に営業をしていかないと運送会社の生き残る道はない。このセミナーでは、営業DX化に向けての取り組みをあますことなく伝える。 荷主獲得営業DXセミナー ■概要 開催日:10月7日(木) 時間:13時~13時50分 定員:100人 参加費:無料 参加方法:オンライン(Zoom) 申込フォームへのリンク ※申込期限:10月6日(木)17時
10月 8 @ 10:00 – 17:00 三井住友銀行呉服橋ビル
人事労務に関する法改正の動きが急であるとともに、制度も大きく変わりつつあり、これに伴う労基署等の法の運用にも変化がみられている。さらには、政府が推進する「働き方改革」をめぐる労働行政の動きや、新型コロナ禍を経た新しい労務管理のあり方にも留意しつつ、実務に対応していくことが求められる。このような環境の中、人事・労務担当者や総務・法務担当者は、最新の法制や課題を理解し、最適な対応を講じていかなければならない。 本コースでは、人事・労務・法務担当者がおさえておきたい、今、最も重要な労働法の3つの課題… ・労働時間 ・メンタルヘルス ・非正規雇用 について、法制や行政の最新動向を踏まえて、各1日完結で実務の視点から解説する。 ■概要 開催日:10月8日、11月5日、12月3日(計3日間) 時間:3日とも10時~17時 会場:三井住友銀行呉服橋ビル 住所:東京都中央区八重洲1-3-4 対象者:人事・総務・法務・内部監査部門等担当者 ■受講料(税込) ※3日間の合計(1日ごとの申し込み有) SMBC経営懇話会特別会員:84,700円 SMBC経営懇話会会員:94,600円 上記以外:107,800円 ■プログラム (講師:弁護士 丸尾拓養氏) 第1講:10月8日(金) 10時~17時 「労働時間管理をめぐる法律と実務」 第2講:11月5日(金) 10時~17時 「従業員のメンタルヘルスをめぐる法律と実務」 第3講:12月3日(金) 10時~17時 「有期社員・無期転換社員・契約社員等に関する法律と実務」 問い合わせページへのリンク 申し込みページへのリンク
10月 8 @ 10:30 KRD-LOGISTICS 八千代
ジョーンズ ラング ラサール(JLL)は10月7日(木)、8日(金)の2日にわたり、千葉県八千代市の大型物流施設「KRD-LOGISTICS 八千代」において内覧会を開催する。 県道61号線沿いに位置し、関東圏への配送に適する営業倉庫免許を取得可能な物流施設。東葉高速鉄道「八千代緑が丘駅」より約 600m と徒歩圏内で、近隣に商業施設、利便施設を擁し、雇用確保にも有利な立地を兼ね備えているのが強みだ。 「KRD-LOGISTICS 八千代」 ■物件概要 所在:千葉県八千代市吉橋字内野1064-2 他 構造・規模:RC+S造4階建て 天井高:梁下有効5.5メートル 床:高床式 賃貸面積: 【倉庫・バース】 1階:6404平方メートル(1937坪) 2階:5229平方メートル(1582坪) 3階:7617平方メートル(2304坪) 4階:7617平方メートル(2304坪) 【事務所・会議室】 1階:295平方メートル(89坪) 2階:378平方メートル(114坪) 3階・4階:17平方メートル(5坪) 入居開始日:2022年1月予定 アクセス:京葉道路「花輪 IC」「武石 IC」より約9キロ、東葉高速鉄道「八千代緑が丘駅」より約600メートル、徒歩約8分 ■内覧会・実演会概要 開催日:10月7日(木)、8日(金) 時間:10時30分~/13時30分~/15時~(各日3回) 【申込方法】 会社名、参加者名、人数、希望時間をメールまたは電話で連絡 JLL オフィスリーシングアドバイザリー事業部 インダストリアルリーシングチーム 根岸:080-9123-5246/tomoaki.negishi@ap.jll.com 原:080-4370-7127/takafumi.hara@ap.jll.com ※申込期限:10月5日(火)
10月 8 @ 10:30 LOGIBASE川越
即入居可「LOGIBASE川越」 ソーシャルディスタンス内覧会 &「物流ロボティクスサービスRaaS」実演会開催 シービーアールイー(CBRE)は10月6日~8日、「LOGIBASE川越」で現地内覧会・「AIロボットによる物流自動化・効率化」実演会を開催する。参加者には、来場者特典としてキャンペーン条件の提示を行う予定。 ■物件概要 所在:埼玉県狭山市新狭山1-13-3 敷地面積:5308.68平方メートル(1605.88坪) 延床面積:1万789.95平方メートル(3263.96坪) 構造・規模:鉄骨造4階建 入居開始日:即可能 実演会内容(プラスオートメーション) 「物流ロボティクスサービスRaaS」 【RaaSとは】 RaaS(ラース)とはロボットサービスを月額定額制(数十万円/月~)のサブスクリプション型で提供するもの。高額なマテハン導入を諦めてきた中小規模の物流センターでも活用可能なサービスであることを、仕分けロボット「t-Sort」の利用方法と併せて紹介する。 ■内覧会・実演会概要 開催日:10月6日(水)、7日(木)、8日(金) 時間:10時30分~/13時~/15時~(各日3回) 場所:LOGIBASE川越(埼玉県狭山市新狭山1-13-3) アクセス:西武新宿線「南大塚駅」徒歩19分 申込フォームへのリンク
10月 8 @ 13:00 – 15:55 オンライン(Zoom)
「ホワイト物流」推進運動は、トラック運転者不足が深刻になっていることに対応し、国民生活や産業活動に必要な物流を安定的に確保するとともに、経済の成長に役立つことを目的としている。 「ホワイト物流」推進運動の周知及び取組みの促進を図るためのセミナーでは、物流改革の重要な役割を担う荷主企業向けに、物流改革に向けた荷主の役割・期待について、「輸送」「倉庫」「情報」の改革領域ごとに施策や事例を含めて解説する。 また、「ホワイト物流」推進運動に取り組む事業者が、苦労談も交えて事例を発表する。 「ホワイト物流」推進運動セミナー ~物流生産性向上に向け荷主企業が推進する取組とは~ ■プログラム PART1:「ホワイト物流」推進運動の紹介 PART2:最近の物流政策について(仮題) PART3:物流効率化の取組み~荷主だからできること、取り組んで欲しいこと~ PART4:取組事例の発表 (※)開催日ごとに発表する事業者は異なる PART5:質疑応答 【(※)事例発表企業一覧】 第1回(2021年10月8日) 大王製紙/つばさトラック事業協同組合 第2回(2021年11月10日) 加藤産業/トランコム 第3回(2021年12月8日) レンゴー/つばさトラック事業協同組合 第4回(2022年1月19日) 熊本交通運輸/NEXT Logistics Japan 第5回(2022年2月9日) アサヒビール/トランコム 第6回(2022年3月9日) ホンダアクセス/NEXT Logistics Japan ■概要 開催日:2021年10月8日(木)/11月10日(水)/12月8日(水)/2022年1月19日 水)/2月9日(水)/3月9日(水)[全6日] 時間:いずれも13時~15時55分 参加費:無料 参加方法:オンライン(Zoom) 申込フォームへのリンク
10月 8 @ 13:00 – 13:45 オンライン(Zoom)
出荷情報から適切な車両を見極める「配車計画」。配車計画は物流において要であると同時に、その複雑性から属人化が進んでいる。 ハコベルは、ブラックボックスになりがちな配車計画をデジタル化し、自動最適化するソリューションを開発。各企業に合わせた調整機能を用意することで、配送の品質・コストを改善しながら、時間のかかる配車計画のデジタル化・自動化を実現している。 このセミナーでは、実証実験において業務時間75%、配送コスト25%削減を実現した事例の紹介と、各社の物流状況にあわせた検討方法のポイントを伝える。 物流業務標準化・積載率改善に向けて – 出荷データから最適車両を選定し、25%コスト削減した事例 – (講師:ラクスル ハコベル事業本部ソリューション事業部 齋藤祐介氏) ■概要 開催日:10月8日(金) 時間:13時~13時45分 定員:500人(事前申込・抽選制) 参加費:無料 参加方法:オンライン(Zoom) 申込期限:10月7日(木)17時 申込フォームへのリンク
10月 11 @ 10:00 オンライン
レガシー業務の標準化(デジタル化・自動化)、輸配送ルートの最適化による物流DXへ、富士通が期間中いつでも視聴できるウェビナーを実施する。 ■プログラム 第1部:配車支援システム『 Logifit TM-配車 』短編紹介動画 第2部:Logifit TM-配車 実践デモンストレーション Part-1 ​直観的でわかりやすい画面構成 Part-2 自動配車と手動配車のハイブリッド運用 Part-3 車両の稼働状況、概算収支の見える化 第3部:適正運行ルート策定支援サービス「ToXYZ」のご紹介 Part-1 「ToXYZ」におけるデータ活用の仕組み・特徴​ Part-2 「ToXYZ」デモンストレーション Part-3 「ToXYZ」活用事例 ■概要 開催期間:9月10日(月)10時~10月25日(月)17時 参加費:無料 参加方法:オンライン 申込フォームへのリンク ※申込受付期間:開催期間中(10月25日16時)
10月 11 @ 13:00 – 16:50 紀尾井フォーラム(オンラインも有)
ゼロエミッション海運、船舶用燃料アンモニアの最新動向 ■プログラム 1. 水素エネルギーとしてのアンモニア 講師:塩沢文朗氏 – 内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP) 「IoE社会のエネルギーシステム(エネルギーマネジメント)」イノベーション戦略コーディネーター 元「エネルギーキャリア」サブ・プログラムディレクター ・アンモニアの特長(物性、燃焼特性、輸送・貯蔵性等) ・SIP「エネルギーキャリア」の成果 ・海上輸送の脱炭素化に向けた国際動向 ・海上輸送の脱炭素化の手段としての/アンモニア利用に向けた動向 ・質疑応答/名刺交換 2. カーボンニュートラルポート(CNP)の形成 講師:伊藤寛倫氏 – 国土交通省 港湾局産業港湾課 企画調整官 ・CNPの概要 ・CNPの形成に向けた検討状況 ・CNPの形成に向けた検討会/CNP検討会 ・質疑応答/名刺交換 3. アンモニア/軽油混焼ディーゼルエンジンの現状と課題 講師:仁木洋一氏 – 海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所 環境・動力系 動力システム研究グループ 主任研究員 ・アンモニアの燃焼性 ・往復動内燃機関の燃料として使用する場合の課題 ・アンモニア混焼機関の研究開発成果 ・環境負荷物質とその低減手法 ・質疑応答/名刺交換 4. 「舶用アンモニア燃料の統合型プロジェクト」実現に向けた取組、課題と今後の展開 講師:赤松健雄氏 – 伊藤忠商事 船舶海洋部 アンモニア燃料船開発担当部長 ・海事産業における脱炭素に向けた取組 ・統合型プロジェクトの紹介 ・具体化に向けた課題 ・今後の展開 ・質疑応答/名刺交換 5. 船舶のゼロエミッション化へ向けた規制の方向性と海運業界の動向について 講師:横山勉氏 – 日本郵船 グリーンビジネスグループ グループ長 ・IMOによる規制に関する議論の現状 ・国際海運業界の動向 ・舶用燃料としてのLNGの現状 ・舶用燃料アンモニアについて ・質疑応答/名刺交換 ■概要 開催日:10月11日(月) 時間:13時~16時50分 参加費:33,000円(税込) 参加方法:会場(先着25人)/オンライン(Zoom)/アーカイブ配信(開催日から3営業日以降、2週間ほど配信) 申込フォームへのリンク
10月 12 @ 12:30 – 13:00 オンライン
「日経クロステック EXPO2021」にて、SREホールディングスのDX推進室長・清水孝治氏が登壇。同社はリアルビジネスである不動産事業を自ら手掛けることでその知見・データを蓄積し、不動産・金融業界などへ実務有用性の高いAIソリューション・ツールを提供するユニークなビジネスモデルを構築した。どのようにDXを進め成果を出したか、その取組みを紹介する。 DX実現に向けた戦略と実践 ~「リアル×テクノロジー」で企業価値を向上~ (SREホールディングス 執行役員DX推進室長 清水孝治氏) ■概要 開催日:10月12日(火) 時間:12時30分~13時 参加費:無料(会員登録制) 参加方法:オンライン 申込フォームへのリンク
10月 13 @ 10:00 – 10月 15 @ 17:00 東京ビッグサイト 青海展示棟A・Bホール
1994年以来、2年に1度開催されてきた「国際物流総合展」のスピンオフ企画、「国際物流総合展 INNOVATION EXPO」が今年も開催。前回開催時(2020年2月 東京ビッグサイト 西1・2ホール)には、新型コロナウイルス感染症蔓延によるイベント参加自粛ムードが漂う中ではあったが、3日間で21834人の来場者を記録し、活発な商談・情報交換が展開された。 来場者・出展者からの「最新の物流業界の製品情報を毎年知りたい!」「自社の新商品の情報を毎年発信したい!」という熱いリクエストに応える物流展は、東京ビッグサイトで3日間開催される。 ■概要 開催日:10月13日(水)~15日(金) 時間:10時~17時 入場料:3,000円(税込) 会場:東京ビッグサイト 青海展示棟A・Bホール 展示規模:200社・団体/760ブースほどを予定 ※共同出展含む ■問い合わせ先 日本ロジスティクスシステム協会 JILS総合研究所 TEL:03-3436-3191/FAX:03-3436-3190 E-mail:logis-tech@logistics.or.jp 日本能率協会 産業振興センター TEL:03-3434-3453/FAX:03-3434-8076 E-mail:logis-tech@jma.or.jp
10月 13 @ 11:00 – 11:40 オンライン
スエズ運河経由の海上ルート一辺倒だった欧州向けコンテナ輸送。コロナとスエズ運河の座礁事故により、海上輸送は物流混乱期の真っ只中だ。欧州向けの代替手段としてシベリアランドブリッヂが再び注目されている中、日新が利用するメリット、上手な利用方法を提案する。 シベリアランドブリッヂ – 地球のための輸送提案 – (講師:日新 国際営業第一部 ロシアC.I.S室 次長 尾関誠氏) ■概要 開催日:10月6日(水)、13日(水) 時間:いずれも11時~11時40分 定員:いずれも100人 参加費:無料 参加方法:オンライン 10月6日の申込フォームへのリンク 10月13日の申込フォームへのリンク
10月 13 @ 14:00 – 14:30 オンライン(Zoom)
若いドライバーを集めている会社は若者にどのようにしてアプローチしているのか?ホームページとindeedを連携させ、SNSを活用することで応募数を最大化できる。このセミナーでは、DX時代のドライバー採用方法を徹底解説する。 最新ドライバー採用手法大公開! (講師:船井総研ロジ チームリーダー 松尾一志氏) ■講座内容 ・若いドライバーからの応募を安定的に獲得するための方法とは? ・ホームページのうまい使い方徹底解説! ・Web、SNSを徹底活用した採用手法大公開! ■概要 開催日:10月13日(水)、11月11日(木)、12月2日(木) 時間:いずれも14時~14時30分 参加費:無料 参加方法:オンライン(Zoom) 対象:トラック50台未満の運送会社の経営者・経営幹部 申込フォームへのリンク
10月 14 @ 11:00 – 12:00 オンライン(Zoom)
現代社会では利便性の向上だけでなく、持続的な社会の実現のためにSDGsをいかに達成するかが重要な観点となっており、様々な業界でその取り組みが推進されている。その中でも、海の大動脈として日本の産業を支える海運が果たすSDGs達成の影響は大きく、非常に期待がかかる分野の一つだ。 このセミナーではこうした持続的な社会の実現に向け、海運におけるAIを活用したDXの意義と、それがもたらす効果について、天候予測AIを活用するウェザーニューズと、デジタルツインと最適化によって業務オペレーションに変革をもたらすグリッドが、最新事例とともに伝える。 海運が切り開くSDGs ■プログラム ・デジタルツインと最適化が変える配船計画業務~人と環境を守る海運へ~ (グリッド 取締役CSO 照井一由氏) ・気象の不確実性に応じた最適な対応策を支援する確率予測の技術 (ウェザーニューズ 予報センター開発リーダー 坂本晃平氏) ・質疑応答 ■概要 開催日:10月14日(木) 時間:11時~12時 定員:100人 参加費:無料 参加方法:オンライン(Zoom) 申込フォームへのリンク ※10月13日(水)17時
10月 14 @ 15:00 – 15:45 オンライン
倉庫サービス「WareX」を活用している倉庫提供者向けの定例セミナー。実際の画面を用いた登録の流れや、登録後のWareXの使い方を詳しく説明する。 3PL・倉庫企業の次世代配送戦略 ■概要 開催日:10月1日(金)、14日(木) 時間:いずれも15時~15時45分 参加費:無料 参加方法:オンライン 申込フォームへのリンク
10月 18 @ 10:00 オンライン
レガシー業務の標準化(デジタル化・自動化)、輸配送ルートの最適化による物流DXへ、富士通が期間中いつでも視聴できるウェビナーを実施する。 ■プログラム 第1部:配車支援システム『 Logifit TM-配車 』短編紹介動画 第2部:Logifit TM-配車 実践デモンストレーション Part-1 ​直観的でわかりやすい画面構成 Part-2 自動配車と手動配車のハイブリッド運用 Part-3 車両の稼働状況、概算収支の見える化 第3部:適正運行ルート策定支援サービス「ToXYZ」のご紹介 Part-1 「ToXYZ」におけるデータ活用の仕組み・特徴​ Part-2 「ToXYZ」デモンストレーション Part-3 「ToXYZ」活用事例 ■概要 開催期間:9月10日(月)10時~10月25日(月)17時 参加費:無料 参加方法:オンライン 申込フォームへのリンク ※申込受付期間:開催期間中(10月25日16時)
10月 19 @ 13:00 – 13:45 オンライン(Zoom)
次世代の物流体制を構築するためにDXを推し進める企業が増えてきている。一方で、中期的な経営戦略と紐付けて具体的なプロジェクトやアクションプランの設計に苦労している企業も多いのではないだろうか。 このセミナーでは、物流DXに取り組むメーカー向けに、考え方や具体的な施策を紹介。食品メーカーを中心に大手企業、中堅成長企業の物流DXを続々と支援してきたハコベルの知見から、物流DXをどのように設計し、最初のステップを作るべきかヒントを伝える。 物流DXの進め方 – 食品メーカー事例に見るプロジェクト設計~導入方法 – (講師:ラクスル ハコベル事業本部ソリューション事業部 齋藤祐介氏) ■概要 開催日:10月19日(火) 時間:13時~13時45分 定員:200人(事前申込・抽選制) 参加費:無料 参加方法:オンライン(Zoom) 申込期限:10月18日(月)17時 申込フォームへのリンク
10月 19 @ 15:00 – 16:30 オンライン(Zoom)
ECサイト支援実績8000社以上の「これから」と、シェアリング型のEC自動倉庫を提供する日立物流が、オンラインセミナーを開催。 日立物流はこのセミナーで、大手事業者が活用するような、高機能・高効率な物流倉庫を「使った分だけの支払い」で提供するECプラットフォームセンターについて紹介する。 【ECサイト運営の効率化できていますか?】 売上UP~物流作業の効率化まで徹底解説! ■プログラム 第1部:ECサイト支援実績8000社以上! ECサイトの集客術~購入率をUPさせる最新手法を徹底解説 (これから シニアコンサルタント 小野寺克吉氏) 第2部:最新設備を導入したシェアリング型のEC自動倉庫を大公開 (日立物流 営業開発部 サプライチェーン・ソリューション2部 西田洋祐氏) ■概要 開催日:10月19日(火) 時間:15時~16時30分 参加費:無料(事前登録制) 参加方法:オンライン(Zoom) 申込フォームへのリンク ※申込期限:10月19日(火)14時まで(開始1時間前)
10月 19 @ 16:00 – 16:30 オンライン
VUCAの時代となり需要予測が困難になる中、安定的な供給体制を実現するためには、物流DXのテーマである製配販のサプライチェーン最適化が必須であり、そのベースとなるのが各業務領域におけるデータの可視化とその活用である。 今回Hacobuが5回シリーズとして開催する消費財流通セミナーでは、各業務領域でのデータ可視化におけるポイントを消費財流通業界の事例とともに伝える。 消費財流通セミナー 第1回:消費財流通業界における物流DXとは? ■概要 開催日:10月19日(火) 時間:16時~16時30分 参加費:無料 参加方法:オンライン 申込フォームへのリンク
10月 21 @ 11:00 – 12:00 オンライン(Zoom)
物流業界において、ドライバーの時間外労働時間上限が制限される、いわゆる「2024年問題」への取り組みが進む中、良い人材を獲得するための採用活動や、業務を効率化するシステムの導入などの必要性を感じているものの、何から手をつけていいかわからないという企業も多い。 このセミナーでは、オーサムエージェントからドライバーの採用において必要な条件や労働環境について、最新の採用方法を交えて紹介。フレクトからは、労働時間の短縮や効率化に寄与する動態管理システム「Cariot(キャリオット)」を紹介する。 セミナーの最後には、両社それぞれのサービスの特徴を踏まえ、双方の視点から物流業界の課題についてのトークセッションを予定している。 人材採用やシステム導入で備える物流2024年問題 ■プログラム 第1部:若手人材の採用に向け、今、運送会社が準備すべきこと (講師:オーサムエージェント 西日本営業チーム 吉村美保氏) 第2部:システム導入で進める働きやすい環境づくり (講師:フレクト Cariot事業部 マーケティング部部長 村上正大氏) 第3部:トークセッション ■概要 開催日:10月21日(木) 時間:11時~12時 参加費:無料 参加方法:オンライン(Zoom) 申込フォームへのリンク
10月 21 @ 14:00 – 14:45 オンライン
昨年度、トッパン・フォームズが全5回で開催した「IoTソリューションセミナー」から、IoT・RFIDパッケージソフトの紹介の内容を一部リニューアルし、Webセミナーを開催する。 昨年バージョンアップした輸送容器所在管理システム「ロジビューア」と棚卸アプリケーションソフト「イージーチェックアウトライト」について紹介。これらのRFIDシステムを導入することで、何ができるようになり、何が変わるのか、実際の導入事例も交えつつ詳しく伝える。 IoTソリューションセミナー IoT・RFIDパッケージソフトのご紹介 – 輸送容器所在管理システムと棚卸しアプリケーションソフト – (講師:トッパン・フォームズ 小平哲氏/水谷芳宏氏) ■プログラム 【第1部】 輸送容器所在管理システム「ロジビューア」のご紹介 棚卸しアプリケーションソフト「イージーチェックアウトライト」のご紹介 【第2部】 ニュースリリース内容のご紹介 質疑応答 ■概要 開催日:10月21日(木) 時間:14時~14時45分 参加費:無料 参加方法:オンライン 申込フォームへのリンク
10月 22 @ 13:00 – 13:45 オンライン(Zoom)
荷主企業の商流・物流の見直しが急激に進むなかで、3PL・倉庫に求められる役割が大きく変わっている。コロナ禍における消費行動の変化、期待されるサプライチェーン全体のDX、トラック不足による物流危機などの環境変化に合わせて、荷主企業には新しいニーズや要望が生まれている。 このセミナーでは、「ハコベルコネクト」を活用したDXを通じて、市場変化に対応する新しい輸配送体制の作り方について解説。3PL・倉庫企業の事例として、生産性2倍、委託費の大幅削減、荷主企業とのシステム連携を紹介する。 3PL・倉庫企業の次世代配送戦略 – DXにより提案力・生産性・配送コストを改善する方法 – (講師:ラクスル ハコベル事業本部ソリューション事業部 齋藤祐介氏) ■概要 開催日:10月22日(金) 時間:13時~13時45分 定員:200人(事前申込・抽選制) 参加費:無料 参加方法:オンライン(Zoom) 申込期限:10月21日(木)17時 申込フォームへのリンク