最新物流セミナー・イベント情報

8月 12 @ 15:00 – 15:40 オンライン(Zoom)
軽貨物・一般貨物のマッチングプラットフォームを運営するハコベル。従来の配送にテクノロジーを導入し、現在9割以上の案件が半自動的にデジタル上でマッチングを実現している。このセミナーではラクスルが印刷業界を刷新してきたノウハウを活用して、物流DXを実現し、実際に宅配コストを削減した事例を紹介する。 ラクスル式物流改革! 物流DXにより宅配コストを削減した事例を紹介 ■概要 開催日:8月12日(木) 時間:14時~14時40分 定員:200人(抽選有) 参加費:無料 参加方法:Zoom ■対象 ・物流費のコスト削減をKPIにもつ物流担当者 ・一般貨物車両(2トン以上のトラック)/軽貨物車両の手配に悩む方 ■コンテンツ 登壇者:石川瞬氏(ラクスル ハコベル事業本部プラットフォーム営業部部長) ・ハコベルとは? ・宅配コストを削減した事例紹介 ・ハコベルで解決・実現できること ■申し込み 期限:8月12日(木) 12時(開始2時間前) 申し込みフォームへのリンク
8月 24 @ 13:00 – 14:30 オンライン(Zoom)
サイバーフィジカルシステム(CPS)とは、「実世界(フィジカル空間)にある多様なデータをIoTセンサネットワークなどで収集→サイバー空間でコンピュータ・AI等を駆使して分析/知識化→創出された情報/価値を実空間にフィードバック→産業の活性化や社会問題の解決を図っていくもの」(JEITAの定義を元にアレンジ)。 つまり実空間で起こっている物流の変化や状態を常に追ってデジタルデータで把握し、サイバー空間でまとめて分析し、実空間を最適コントロールしようとする。その範囲が「輸配送」など1つの業務だけでなく周辺に広がり、深度・粒度を高めることで、サイバー空間に実空間の双子、”デジタルツイン(DT)”を創り出せる、というが…。 ■プログラム キクタ氏前ぶり解説/なぜ今サイバーフィジカルシステム、デジタルツイン? 本論(1)/サイバーフィジカルシステム/デジタルツインって、何ですか? 本論(2)/物流、サプライチェーン・ロジスティクス(SCL)の未来に向けて ■登壇者 武藤裕美氏(NEC 交通・物流ソリューション事業部 ソリューション推進部長) 菊田一郎氏(エルテックラボ L-Tech Lab) 齋藤祐介氏(ラクスル ハコベル事業本部 ソリューション事業部) ■概要 開催日:8月24日(火) 時間:13時~14時30分 参加費:無料 参加方法:Zoom 対象:メーカー、卸業者 申し込みフォームへのリンク