ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

GLP、日立物流ら3PL企業4社と20万m2の賃貸借契約

2016年11月16日 (水)

荷主グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)は16日、日本、中国、米国、ブラジルで、日立物流、DHL、Schenker、AGV Logisticaの3PL企業各社と20万4000平方メートルの新規、契約更改の賃貸借契約を締結したと発表した。

4社は、医薬品、自動車部品、日用消費財などの需要に対応するため、GLPの物流施設を国内配送に活用する。

GLPの最高経営責任者ミン・メイ氏は「3PL企業はGLPの最大の顧客部門だ。多くの企業は、オペレーションの効率化を強化するために物流・配送機能を3PL企業に外部委託している。GLPの先進的物流施設は、効率的な配送ネットワークの重要な基礎となり、顧客の価値とサービスの質の向上に貢献していく」と話した。

GLPのプラットフォームの規模と範囲は「ネットワーク効果」を創出しており、賃貸物件のうち50%の顧客が複数拠点に入居しており、賃貸契約の70%が既存顧客によるもの。

この記事のその他のテーマ