行政・団体 財務省が5日に発表した2月上中旬分(20日まで)の貿易統計(速報)によると、輸出は前年同期比0.5%減の4兆1697億7400万円の微減となった一方、輸入は19.9%増の4兆3958億…

メディカル ヤマト運輸は4日、オンライン診療・服薬指導システム「YaDoc Quick」(ヤードッククイック)とヤマト運輸の「送り状発行システムB2クラウド」が同日からシステム連携を開…


3月
18
10:00 自動清掃ロボットオンラインセミナ... @ オンライン
自動清掃ロボットオンラインセミナ... @ オンライン
3月 18 @ 10:00 – 10:45
自動清掃ロボットオンラインセミナー<物流施設・倉庫編> @ オンライン
(以下、主催者からの情報) 自動清掃ロボットオンラインセミナー<物流施設・倉庫編> DHL・日立物流がNeoを選んだワケ DHL様・日立物流様導入の自動清掃ロボットでコスト削減! 自動清掃ロボットNeoは“もっとも早くて止まらない清掃ロボット”として広大なフロアの床洗浄を得意にしており、物流施設、倉庫、工場、空港・駅・商業施設等でたくさんのお客様に導入して頂いております。普段あたりまえのように実施している清掃、実は多くの時間とコストがかかっていることをご存知でしょうか? また昨今の新型コロナウイルスの影響によるEC需要の拡大、立地条件による人材採用難により現場がひっ迫しているという話を耳にします。 今回はそのような課題を解決するためのソリューションの1つとして、自動清掃ロボットをご紹介させて頂きます。 自動清掃ロボットの基本的な情報から、物流施設・倉庫での清掃ロボット導入の検討ポイントや課題をDHL様や日立物流様での導入事例も交えながらわかりやすくお話させて頂きます。 お気軽にお申し込みください。 <内容> 1.自動清掃ロボットとは? 2.導入事例のご紹介 ~DHL様 お墨付きのワケ~ 3.自動清掃の現状から見える意外なコスト削減効果 ~日立物流様 導入事例ご紹介~ 4.物流施設・倉庫導入時の注意すべきポイント 5.まとめ こんな人にオススメです! ・スマートロジスティクス化に向けたソリューションを探している方 ・自動化、省人化やコスト削減などの業務革新に取り組まれている方 ・自動清掃ロボットに興味はあるものの、何から検討すべきか考えている方 ・過去にロボット導入を検討したが、テストの結果うまく運用できずにロボット導入を諦めている方 ※同業の企業の方には参加はお断りさせていただいております。 講師プロフィール 梶ヶ谷 彰 株式会社マクニカ フィネッセカンパニー 第4統括部 サービスロボット事業推進部 大手清掃機器メーカーを経て2018年にマクニカに入社。入社以来自動清掃ロボットの新規事業立ち上げに携わる。主要空港の立ち上げを初め、駅・商業施設・物流施設など業種問わず新市場の開拓を推進。
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ロジスティクス

1/262123...1020...最後 »