3月
18
10:00 [マクニカ]自動清掃ロボットオン...
[マクニカ]自動清掃ロボットオン...
3月 18 @ 10:00 – 10:45
[マクニカ]自動清掃ロボットオンラインセミナー<物流施設・倉庫編> @ オンライン
(以下、主催者からの情報) ■ DHL様・日立物流様導入の自動清掃ロボットでコスト削減! 自動清掃ロボットNeoは“もっとも早くて止まらない清掃ロボット”として広大なフロアの床洗浄を得意にしており、物流施設、倉庫、工場、空港・駅・商業施設等でたくさんのお客様に導入して頂いております。普段あたりまえのように実施している清掃、実は多くの時間とコストがかかっていることをご存知でしょうか? また昨今の新型コロナウイルスの影響によるEC需要の拡大、立地条件による人材採用難により現場がひっ迫しているという話を耳にします。 今回はそのような課題を解決するためのソリューションの1つとして、自動清掃ロボットをご紹介させて頂きます。自動清掃ロボットの基本的な情報から、物流施設・倉庫での清掃ロボット導入の検討ポイントや課題をDHL様や日立物流様での導入事例も交えながらわかりやすくお話させて頂きます。 お気軽にお申し込みください。 ■ 内容 1.自動清掃ロボットとは? 2.導入事例のご紹介 ~DHL様 お墨付きのワケ~ 3.自動清掃の現状から見える意外なコスト削減効果 ~日立物流様 導入事例ご紹介~ 4.物流施設・倉庫導入時の注意すべきポイント 5.まとめ こんな人にオススメです! ・スマートロジスティクス化に向けたソリューションを探している方 ・自動化、省人化やコスト削減などの業務革新に取り組まれている方 ・自動清掃ロボットに興味はあるものの、何から検討すべきか考えている方 ・過去にロボット導入を検討したが、テストの結果うまく運用できずにロボット導入を諦めている方 ※同業の企業の方には参加はお断りさせていただいております。 講師プロフィール 梶ヶ谷 彰 マクニカ フィネッセカンパニー 第4統括部サービスロボット事業推進部 大手清掃機器メーカーを経て2018年にマクニカに入社。入社以来自動清掃ロボットの新規事業立ち上げに携わる。主要空港の立ち上げを初め、駅・商業施設・物流施設など業種問わず新市場の開拓を推進。
3月
23
14:00 [Optimind]30分で分かる!配車シ...
[Optimind]30分で分かる!配車シ...
3月 23 @ 14:00 – 14:30
[Optimind]30分で分かる!配車システム導入のケーススタディ5選 @ オンライン
配車業務は、時間指定や納品方法など様々な配送条件や、車両規制や渋滞などの現場制約を考慮した、精度の高い計画の策定が求められます。その複雑さゆえに多くの企業では配車業務は熟練の配車マンに依存しており、ドライバー不足が懸念される中で物流に関わる企業にとって看過できない課題となっています。 その課題を解決するのが配車システムであり、現在、多くの企業が関心を持っています。一方で、配車システムの導入効果や、現場導入への進め方が分からず、検討自体を躊躇してしまう企業も少なくはありません。 本セミナーでは、配車システムの導入効果や現場への導入に関し、100社以上のLoogia導入実績の中から5つのケーススタディを紹介します。 ■ こんな方におすすめ ・配車業務の属人化を解消したい ・最適な配車計画を立てたい ・物流コストを見直したい ・物流機能の内製化を図りたい ■ セミナーの概要 日時:2021年3月23日(火)14:00~14:30 会場:オンライン(申込完了後、詳細をご案内) 対象:物流会社または企業の物流部門・経営企画室・情報システム部門のご担当者様、経営者様 定員:30名 参加費:無料 主催:オプティマインド 申込:専用フォームからお申込みください ■ タイムテーブル 13:50 オープン 14:00~14:30 セミナー 「配車システム導入のケーススタディ5選」 ・郵便会社のケース ・LPガス会社のケース ・物流会社のケースなど ■ スピーカー オプティマインド Saas事業部 インサイドセールスチーム チームリーダー 齋藤貴也
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

TOTO、八千代物流センターの賃借期間を1年延長

2011年4月27日 (水)

日本ロジスティクスファンド投資法人と運用会社の三井物産ロジスティクスパートナーズは26日、東日本大震災に伴いTOTOと短期契約を結んでいた八千代物流センター(千葉県八千代市)について、TOTOと新たに来年3月末までの賃貸借契約を締結したと発表した。

 

TOTOは、被災した千葉物流センター(同市)の代替施設として3月18日から4月末までの短期契約で、八千代物流センターを利用していたが、同センターの契約期間を延長したことについて「自社施設である千葉物流センターの復旧が進み、出荷も再開しているが、本来のポテンシャルに戻るには今しばらく時間を要すると判断した」としている。