[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

日新、輸出入取扱量増え中間・通期上方修正

2017年10月31日 (火)

財務・人事日新は10月30日、国内外で輸出入貨物の取り扱いが増えたとして、近く発表する中間業績と通期業績予想を上方修正した。物量の増加が当初計画を上回り、下期も堅調に推移すると見込んだ。

中間予想は売上高がこれまでの予想より42億円多い1077億円(前年同期は967億円)、営業利益が3億円多い32億円(同23.4億円)、最終利益は6億円多い32億円(17.9億円)。

通期は売上高が60億円増の2130億円(前期は2012億円)、営業利益が3.5億円増の61.5億円(同56億円)、最終利益が6億円増の52億円(44.5億円)となる見通し。