[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

イズミ、物流拠点にハコブのトラック予約受付導入

2020年12月2日 (水)

サービス・商品Hacobu(ハコブ、東京都港区)は2日、総合スーパー「ゆめタウン」などを運営するイズミの物流拠点「イズミ広島センター」に、ハコブのトラック予約受付システム「MOVO Berth」(ムーボバース)が導入されたと発表した。

これまで同センターでは、入荷トラックを先着順で受け付けていたために、特定の時間にトラックが集中して待機時間が発生していたほか、積荷や到着時間を事前把握できないことによる非効率な庫内作業が行われていた。

今回ハコブの「ムーボバース」を導入したことで、入荷時間の分散による待機時間の解消や、事前情報による庫内作業の効率化によって、庫内作業員とトラックドライバーの生産性が向上。今後は同サービスで取得した物流データをもとに、納品時間や人員配置の見直しを行うことで、物流センターの出荷能力向上につなげる。

イズミは、ハコブのトラック予約受付システムを選んだ理由について「導入事例の多さ、予約機能の柔軟さ、導入支援の手厚さ」と説明している。