[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

大宝運輸、会社が持ち得る総合力が試される時

2021年1月4日 (月)

ロジスティクス大宝運輸(名古屋市中区)はこのほど、同社ホームページ上に小笠原忍社長による新年のあいさつを掲出した。あいさつの要約は次の通り。

(以下要約)

昨年の今ごろは新型コロナウイルスもまだ蔓延せず、他国のことと思っていたが、春前から日本でも感染者の急増に伴い緊急事態宣言が発令され、外出自粛を余儀なくされることになった。自粛中のステイホーム期間は、新たなライフスタイルや働き方が定着するきっかけとなったと思う。

そんな中で私たち物流の仕事は、多くの人の暮らしを支える社会インフラの1つとして、大動脈を流れる血液のような役割を果たしている。感染予防を徹底しながらも、拭い切れない不安を抱えながら仕事をしてくれる社員ひとりひとり、それを支えてくれているご家族の皆さまに感謝申し上げる。

感染防止活動を徹底しているお陰で、当社では新型コロナウイルスの感染者を未だ出すことなく今日を迎えている。今後とも感染予防の意識を弱めず、さらなる協力をお願いしたい。

近年、国内外の情勢はコロナ禍の影響もあり、以前にも増して先行き不透明な状態が続くものと考えられる。そんな時ほど、会社が持ち得る総合力が試される時であり、大宝は長年にわたり培ってきた学ぶ風土のもと、人間的、経済的な豊かさを追求してきた。今後もこのことを忘れず、企業を構成する社員ひとりひとりが社会や顧客に必要とされるよう、学び、考え、実践を積み重ねていくことで人格・能力を高め、難局を乗り切っていこう。また、お互いが少しでも楽しく生き生きと働ける職場づくり、そして安全創出のために最大限の努力をすることで、事故のない職場づくりを目指していこう。