[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

産業ファンド、盛岡の物流施設13億円で取得

2017年5月1日 (月)

拠点・施設産業ファンド投資法人と資産運用会社の三菱商事・ユービーエス・リアルティは1日、岩手県盛岡市の物流施設「IIF盛岡ロジスティクスセンターII」の信託受益権の取得を完了したと発表した。

今回の取得は、同投資法人が1月24日に発表した取得予定物件11物件のうちの1物件で、取得額は13億200万円。これにより、11物件すべての取得を終えた。

■このほかの取得物件
「IIF横須賀テクノロジーセンター」40億円(2月20日取得済み)
「IIF湘南テクノロジーセンター」12億円(同)
「IIF大阪此花ロジスティクスセンター」の準共有持分49%42億6300万円(同)
「IIF福岡箱崎ロジスティクスセンターI」の準共有持分60%を31億1500万円(同)
「IIF福岡箱崎ロジスティクスセンターII」の準共有持分60%を54億5100万円(同)
「IIF板橋ロジスティクスセンター」の準共有持分60%を10億3100万円(同)
「IIF仙台大和ロジスティクスセンター」14億8000万円(2月21日取得済み)
「IIF太田ロジスティクスセンター」10億1000万円(同)
「IIF大阪住之江ロジスティクスセンターI」の準共有持分75%を90億7500万円(同)
「IIF大阪住之江ロジスティクスセンターII」の準共有持分75%を19億500万円(3月21日取得済み)