[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ヤマトとZOZOTOWNが連携、受取場所に宅配ロッカー追加

2017年8月23日 (水)

ロジスティクスヤマト運輸は23日、ファッションECサイト「ZOZOTOWN」(ゾゾタウン)を運営するスタートトゥデイと連携したと発表した。ZOZOTOWNで商品を購入する際にオープン型宅配便ロッカー「PUDOステーション」を受け取り場所として指定できるようになった。

ZOZOTOWNではこれまでもコンビニエンスストアやヤマト運輸直営店で受け取ることはできたが、顧客から「再配達を受け取るのが面倒」「商品をロッカーで受け取れるようにしてほしい」といった声が寄せられていたことから、商品の新しい受け取り方を検討。EC業界として初めて、購入時に顧客が受け取り場所としてPUDOが選択できるようにした。

ヤマト運輸は、2016年5月に仏ネオポストシッピングとの合弁でパックシティジャパンを設立し、顧客が好きな時間に好きな場所で荷物が受け取れるよう、駅などの公共スペースにPUDOの設置を進め、18年3月までに首都圏を中心に全国3000か所に拡大する方針を打ち出している。