ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

安全確保命令・車両停止190日など6社処分、東北・2月

2020年3月25日 (水)

行政・団体東北運輸局が25日に発表した貨物自動車運送事業者に対する行政処分状況によると、2月は6社が処分を受けた。

うち1社は、不実記載など9件の違反が発覚し、延べ190日の車両停止と輸送の安全確保命令を受けている。

車両停止以上の処分内容は次の通り。

事業者(営業所)所在地処分内容監査の諸端違反内容違反点数※
エヌケープラント(本社)福島県大玉村車両停止(190日車)+文書警告+輸送安全確保命令-9件(車庫、休憩睡眠施設、点呼、点呼記録[不実記載]、乗務記録[不実載]、運行記録計による記録、運転者台帳作成、運転者指導監督、適性診断受診)19/19
タカモク運送(本社)青森県十和田市車両停止(10日車)公安委からの通知1件(過積載)1/1
青森定期自動車(仙台営)仙台市若林区車両停止(20日車)+文書警告-3件(配置車両数、乗務時間、運転者指導監督)2/2
髙梨組建設運輸(本社)宮城県石巻市車両停止(40日車)+文書警告死亡事故2件(疾病・疲労のおそれある乗務、運転者指導監督)4/4