[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

イオン、次世代ネットスーパー向け物流拠点用地確保

2020年8月19日 (水)

フードイオンは19日、次世代ネットスーパーの立ち上げに向け、千葉県緑区に最先端のAIとロボティクス機能を導入した中央集約型物流拠点「顧客フルフィルメントセンター」(CFC)を建設するため、建設用地の予約契約を結んだと発表した。

CFCは、イオンが準備を進める次世代ネットスーパー事業の物流拠点として、ロボットとAIを活用する大型自動倉庫で、子会社のイオンネクストが主体となって建設する。19日に不動産会社とCFC第1号となる千葉県緑区誉田の建設予定地を取得する予約契約を結んだ。数年以内に同様の施設の建設を計画しているという。

イオンは2019年11月、英国のネットスーパー企業「オカドグループ」傘下のオカドソリューションズと日本国内を対象とした独占パートナーシップ契約を締結。翌月には事業の準備を担う「イオンネクスト準備」を設立し、23年にCFCとネットスーパー事業の本格稼働を目指している。

CFCでは5万品目の商品を品揃えし、ロボットとAIによって24時間稼働や効率的なピックアップで安定的な供給力を確保する。オカドのソリューションを活用し、ロボットは50点の商品を6分間で処理。最先端のAIアルゴリズムを用いて「常に最適な配送ルート」を特定し、効率的に配送できる体制を整える。

誉田に建設するCFCの建築面積は2万7500平方メートルで、千葉県、首都圏を対象に生鮮食品を含む「暮らしの必需品」を中心にオンラインで顧客から注文を受け、宅配する。

千葉誉田物件の概要
所在地:千葉市緑区誉田町2丁目22-3他
建築面積:2万7500平方メートル(8318坪)、
延床面積:4万3070平方メートル(1万3027坪)
予約締結日:2020年8月19日
締結先:エム・ケー
着工:2021年春

イオン、英・ネットスーパー提携で自社物流強化