[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

連携実績評価、オープンロジにカウシェの物流委託

2021年1月7日 (木)

ECオープンロジ(東京都豊島区)は7日、シェア買いアプリ「KAUCHE」(カウシェ)を運営するX Asia(エックスアジア、渋谷区)から物流パートナーに選定されたと発表した。昨年12月末から入出庫作業を開始している。

カウシェは、商品を選び割引価格で購入を決めた後、その情報をSNSで「シェア」し、友人や家族など、1人以上が同じ商品の購入を決めることで「シェア買い」が成立、参考価格の最大70%引きで購入できるようになるアプリベースのサービスで、2020年9月にサービスを開始した。

(出所:オープンロジ)

運営会社のエックスアジアは想定以上の利用者の伸びを受け、今後の規模拡大を見据えて物流パートナーにオープンロジを選んだ。選定の決め手となったのは、Shopify(ショッピファイ)と商品、入荷、出荷の連携実績が豊富で、自社のニーズに合った連携が可能であることのほか、機動的に倉庫を立ち上げ、荷物の急激な増加に応じてキャパシティを柔軟に拡縮できることだったという。