[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

センコー、8万m2の新センター完成、イオン北関東拠点に

2011年7月21日 (木)

ロジスティクスイオン北関東RDCを受託運営する新センターセンコーは21日、千葉県野田市に建設していた「センコー野田第1PDセンター」が完成し、8月1日から営業を開始すると発表した。

 

野田第1PDセンターは地上3階建て、自動倉庫除く延床面積7万9835平方メートルで、同社最大の物流センターとなる。このうち約60%(延床面積4万4400平方メートル)を、イオンの物流業務を担う「イオン北関東RDC」として運営する。

 

イオン北関東RDCは、2005年稼働の「北海道RDC」、01年稼働の「仙台RDC」を移転・拡大し、06年に稼働した「東北RDC」に続き、同社では3件目のセンター受託となる。

 

イオングローバルSCMが展開する物流ネットワーク施設の一つとして、国道16号線沿線で柏ICから近い立地を活かし、東京、埼玉、茨城、栃木、群馬など、北関東に広がるイオングループの店舗に商品を供給する。

 

既に稼働している北海道RDC、東北RDCと同じ、自動倉庫を用いた商品保管やピッキング業務、ソーターシステムを利用した仕分け業務、クロスドック業務などを行う。

 

また、第1PDセンターはイオン業務以外に、約3万5400平方メートルの営業倉庫スペースを使い、北関東だけでなく都内、千葉、神奈川など南関東向け配送拠点として事業展開を図る。

 

新センターにはイオン専用の自動倉庫を配置するとともに、自動仕分け機、6台の荷物用エレベーター、6台の垂直搬送機など、作業効率を高める荷役機器を導入。屋外スロープで直接2階にアクセスすることが可能で、1階と2階に合わせて約160台分のトラックバースを設けた。

 

さらに、太陽光パネルを設置、省電力対応の照明機器を導入した。現在、第1PDセンターの隣接地(敷地面積2万1607平方メートル)に、延床面積3万3564平方メートル、3階建ての「センコー野田第2PDセンター」も建設中で、11月に稼働する。同社では「2棟のPDセンター稼働で、北関東を中心とした関東圏向け物流拠点の強化を図っていく」としている。

 

■野田第1PDセンターの概要

所在地千葉県野田市泉1丁目
敷地面積6万7612平方メートル(2万457坪)
建物構造鉄骨造地上3階建て
延床面積7万9835平方メートル(2万4155坪)
設備自動倉庫(1万3700パレット収納可能)、垂直搬送機6基、貨物用エレベーター6基、1・2Fにトラックバース(約160台分)
営業開始2011年8月1日