[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

アパレルウェブなど、アパレル海外進出支援へ合弁

2011年9月7日 (水)

アパレルアパレルウェブは7日、蝶理、みずほコーポレート銀行とともに、シンガポールで日本のアパレルブランド商品を店舗・ネット販売する合弁会社を設立し、国内アパレル企業の海外進出を支援すると発表した。

 

新会社「AWCG」社では、シンガポールの繁華街に店舗を開設するとともに、ネットショップの運営も行い、リアル(店舗)とバーチャル(ネットショップ)で複数の日本ブランド商品を展開していく。

 

具体的には、アパレルウェブが事業推進の総合プロデュースを行い、蝶理は、主にアパレル商品の仕入物流を担う。また、みずほコーポレート銀行は、金融面でのサポートに加え、みずほ銀行の取引先アパレル企業に対して合弁会社を紹介し、海外進出をサポートする。

 

AWCG社の出資割合は、アパレルウェブ70%、蝶理25%、みずほコーポレート銀行5%となっている。