[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

DHL、個人向け国際ECで宅配ロッカー「PUDO」利用

2017年9月29日 (金)

ロジスティクスDHLジャパンは9月29日、個人向け国際EC荷物の配送で宅配便ロッカーの利用を開始した、と発表した。

海外通販などを利用する個人客向けに特化した「DHLオンデマンドデリバリー」で、荷物を鉄道駅やスーパーマーケットなどに設置された宅配便ロッカーで受け取れるようになった。

東京都、大阪府、愛知県の都市部を中心とした全国255か所のオープン型宅配ロッカー「PUDOステーション」を利用する。

荷受人がスマートフォンやタブレット、PCからDHLオンデマンドデリバリーウェブサイトにアクセスすると、最大で6つの配送オプションが提示され、配達日の指定、近隣のDHLサービスポイントでの引取や配達先住所の変更、留守中の配達留め置きなどを選択できる。