[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

DIC、原料・物流費上昇で年内2度目の値上げ

2018年3月7日 (水)

財務・人事DICは7日、原油価格や物流コストが上昇しているとして、1月に続き4月1日納入分からポリスチレン製品とスチレン系製品の価格を1キロ10円以上値上げすると発表した。

原油価格の上昇に伴い国産ナフサ価格・ベンゼン価格が高騰を続けているほか、物流業界で人手不足が深刻化し、物流コストも上昇が続いている。

こうした環境を受け「自助努力による吸収を続けているが、昨今の度重なる原料価格と物流コストの上昇を吸収することは極めて困難な状況」「今後の安定供給と事業継続を図るためには価格改定が避けられない」と判断し、値上げを決めた。

対象製品はディックスチレンGPPS、ハイブランチ、ディックスチレンHIPS、リューレックス、エラスチレンで、いずれも4月1日納入分から1キロあたり10円以上、価格を引き上げる。