[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

アマゾン、世田谷FCでリーダーシッププログラム

2018年9月14日 (金)
空白

イベントアマゾンは14日、東京都世田谷区立尾山台中学校の2年生3人を対象に、12日から14日にかけて「アマゾン・プライム・ナウ・リーダーシップ・エクスペリエンス・プログラム」を、プライムナウ専用の「世田谷アーバンフルフィルメントセンター(FC)」で実施した、と発表した。

このプログラムは、世田谷アーバンFCが2016年に初めて開催し、ことしで3回目となる。プログラム1日目には、FCの責任者であるサイトリードから、アマゾンのグローバルビジネスについて説明を受け、物流拠点の基本的な仕組みを理解するために、世田谷アーバンFCで注文を受けてから、商品が発送されるまでの一連の流れを見学した。

また生徒たちは、人事担当者によるビジネスマナー講座に参加。名刺交換やプレゼンテーションなどの基本スキルを学んだ後、アマゾンの行動指針「アワー・リーダーシップ・プリンシパル」(OLP)についてディスカッションを行い、自分の長所や短所をOLPに当てはめて考えることを体験し、「自ら考え、行動することの重要性」について話し合った。

2日目は、科学、技術、工学、数学を学ぶ「STEM教育」の一環として、アマゾンロボティクスを題材としたプログラミング体験をした。また最終日には、サイトリードによるFC内の視察に同行して、働きやすい環境を実現するための「カイゼン」や「5S」などの取り組みについて、実例紹介を受けて、作業の模擬体験を行った。

参加した生徒からは、「きょう学んだAmazonのリーダーシップは、勉強や部活動など日々の学校生活で役立たせることができると思った」「物流の仕事を見学して、とても社会にとても貢献している仕事だと思った」などの感想が寄せられた。