[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

指定場所受取りに特化し送料無料化

クックパッドのネットスーパーが開業

2018年9月20日 (木)

ロジスティクスクックパッドは20日、生鮮食品ネットスーパー「クックパッドマート」のiOSアプリの提供を開始した、と発表した。

商品の受け取り場所は、学芸大学駅周辺の「なんでも酒やカクヤス学芸大学前店」「カラオケの鉄人学芸大学店」の2店舗でスタートし、都市圏を中心に段階的に拡大していく計画。

クックパッドマートは、生鮮食品をスマートフォンアプリから注文できる生鮮食品ネットスーパーで、「街の精肉店や鮮魚店などの販売店や地域の農家といった生産者など、小規模事業者や個人事業主が参加できるプラットフォーム」として運営する点が、従来のネットスーパーや生鮮宅配サービスと異なる。

食材に「こだわり」を持った販売者が参加することで「その日に収穫した新鮮なままの農家直送野菜や、専門店でしか取り扱われていない高品質な食材を購入できる」(クックパッド)としている。

利用者は、これらの食材をすべて出荷当日に受け取ることができる。送料は1品からでも無料。商品の受け取りは、地域の店舗・施設などに設置された「受け取り場所」の中から好きな場所を選び、店舗・施設の営業時間内であれば好きな時間に受け取ることができる。

クックパッドマートは「店舗で受け取る方式を採用しているため、配送コストを低く抑え一品からでも送料無料で注文することが可能になった。その日食べる食材だけを購入し、新鮮なうちに食べきる負担の少ない買い物ができる」と送料無料化の理由を説明している。

サービス開始当初は鶏肉専門店信濃屋(東京都品川区)、精肉柳屋(世田谷区)、まぐろ専門店ととぶつや(武蔵野市)、綾善(千葉県松戸市)、やすだ農園(東京都西東京市)の5店舗をカバーし、段階的に拡大していく考え。