[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

アパレルECの「試着なし購入」解消、ヤマトグループ

2019年3月22日 (金)

ロジスティクスオンラインショップで購入したアパレル商品を希望の店舗に配送してもらい、店舗で試着、気に入れば受け取り、そうでなければその場で返品も可能。ヤマトシステム開発が、25日からこんなサービスを開始する。「試着しないまま購入する」ことに抵抗感や不安感を抱きがちな消費者のニーズに対応し、併せて「購入した商品を自宅で受け取ることが難しい」という再配達の要因を解消する効果も見込む。

ヤマトホールディングスが22日に発表したもので、ヤマトシステム開発が「フィッティングステーション」のサービス名で、首都圏の駅近くを中心に立地する17拠点でサービスを提供する。アパレルオンラインショップを運営する「おしゃれ工房」(東京都立川市)、「フォルムアイ」(大阪市北区)、「リフォームスタジオ」(東京都中央区)の3社との共同事業。

ヤマトHDでは、自社で企画・開発したフィッティングステーションの実証実験を18年1月から3月にかけて行い、利用客の満足度を確認。同時に「オンラインショップで購入、試着した後にお直しもしたい」というニーズを把握し、試着室や補修作業に対応できるスタッフを店舗に配置している”お直し事業者”に参加を提案した結果、「新たな顧客層の獲得機会」と捉えたおしゃれ工房、フォルムアイ、リフォームスタジオの3社が賛同し、サービス開始に至った。

三陽商会、ライフスタイルアクセント、ワールド、バーニーズジャパンなどアパレル5社が参加する計画で、ヤマトHDでは試着や補修で得られた新たな商品体験やアイテムの発見を顧客同士がシェア(共有)できるよう、サービスサイト上で情報提供していく。連携するアパレル・補修事業者や利用可能店舗の拡大を図り、2020年度に売上高3億円を目指す。

■フィッティングステーションのサービスサイトURL(サービスサイト公開は2019年3月25日11時から)

https://fittingstation.jp

サービスの流れ
(1)オンラインショップから商品を購入(配送先の選択時に利用可能なお直し店舗を選択)
(2)希望の店舗に配送(商品到着日を含む3日間、営業時間中の好きな時間に受取可能)
(3)店舗で受取・試着・お直し(商品の受取り、試着だけでなく、お直しのプロへの相談も可能)
(4)持ち帰り(「イメージが違った」などの場合はその場で返品可能)
購入者のメリット

■顧客のライフスタイルに最適な時間、場所で受け取りや試着を利用できる。
■リアルな店舗で商品を試着できるため、アパレルのオンラインショップでも安心・納得して購入することができる。
■商品のサイズが合わない場合、店舗のスタッフに、その場でお直しを依頼することができる。
■返品業務を店舗スタッフが行うため、梱包・発送作業の手間を省くことができる。

アパレル事業者のメリット
■顧客とのリアルな接点(タッチポイント)を創出する。
■顧客が試着からお直しまで一連のサービスを利用でき、安心・納得して商品を購入できるため販売増加に伴う収益アップが見込める。
■オンラインショップでありながら、「試着を希望する」という新たな顧客層を獲得する。
■フェイスカバーの使用など、自宅よりも良い環境で試着ができ、衣類へのダメージが少なく、また返品時も店舗ですぐ作業を行うため、返品遅れによる販売機会損失を防ぐ。
サービスの利用可能店舗(+を押すとリストが表示されます)