[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ロジレス、日立物流のEC出荷共用施設と連携開始

2020年7月14日 (火)

ECEC事業者向けに物流委託サービス「LOGILESS」(ロジレス)を提供するロジレス(東京都豊島区)は14日、日立物流のEC事業者向け出荷共用施設「ECプラットフォームセンター」と連携を開始したと発表した。

(出所:日立物流)

日立物流の「ECプラットフォームセンター」は、自動化・省人化設備や情報システム、保管・作業スペース、作業スタッフなどを複数のEC事業者でシェアリングする施設。

ロジレスは、ネットショプとシステム連携し、受注処理や提携倉庫での在庫管理・出荷作業をEC事業者から受託することで、EC事業者に対して「自動出荷」を提供してきたが、今回「ECプラットフォームセンター」と連携を開始したことで、実際の庫内作業も自動化することができるようになった。

同社によると、既に両者の連携を活用しているEC事業者もあり、今後は利用者の拡大を進めていくという。

(出所:ロジレス)

日立物流、EC共有倉庫は中小10社の入居想定