[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

NEC、マレーシアでコンビニ店舗システム納品

2013年8月26日 (月)

荷主日本電気(NEC)は26日、子会社のNECマレーシアを通じ、マレーシアの小売事業者「ハラリンクワールドワイド社」(クアラルンプール)が新規展開するコンビニエンスストアに対し、本部・店舗システムを提供し、稼働を開始したと発表した。

ハラリンクは、マレーシアでイスラム教の戒律に基づいたハラール製品の販売店を展開しており、ことしから化粧品や日用品を中心に扱うコンビニ業態を開始、今後3年間で300店舗への拡大を計画している。

ハラリンクが導入したシステムは、NECの海外小売業向けソリューション「DCMスター/チェーンストア」や、狭い店舗での設置に適した省スペースなグローバル市場向けPOS端末「ツインPOS G5」などを活用しており、3か月という短期間で構築した。

今後ハラリンクが拡大を進めていく店舗へのシステム導入は、NECの小売業向けソリューションの販売・サポート支援組織が、NECマレーシアと共同で実施する。

このシステムを導入することで、これまで店舗ごとに行っていた在庫管理業務を標準化するとともに品揃えを統一し、効率に優れた均質な店舗運営の実現を目指す。また、ハラリンクが従来から活用している電子マネー付ポイントカードへの対応も行う。