[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

東卸、ジェトロと築地国際化プロジェクトを開始

2014年4月23日 (水)

産業・一般東京魚市場卸協同組合(東卸)は22日、日本貿易振興機構(ジェトロ)の協力を得て豊洲新市場に向けた「築地(東卸)国際化プロジェクト」を立ち上げた。

東卸はこのプロジェクトで、仲卸ならではの「目利き・技能」「多種・大量の品揃え」「ニーズに応じた分荷」「機動力」「ブランド」といった強みを活かし、世界への魚の提供と仲卸のブランドや魚食文化・伝統などを海外に発信していく。

ジェトロは「一県一支援プログラム」の東京都プロジェクトとして、貿易投資相談、セミナーなどの情報提供、海外バイヤー商談など海外ビジネスに必要なノウハウについて、国内外のネットワークを活用しながら協力・支援する。

具体的には、ハード・ソフト両面の輸出環境を整備し、広く海外マーケットへの門戸を開くため、輸出初心者や小規模仲卸に輸出に対応できるような窓口を東卸に設置するほか、ノウハウの蓄積、共同輸出や海外販路開拓、商流の構築などに取り組む。

プロジェクトの第一弾として「築地市場国際化研究会」を東卸・ジェトロ共催で22日立ち上げ、今後は輸出プロジェクトとして共同輸出による実証データやノウハウの蓄積、ジェトロによる海外バイヤーとの商談などを展開する。