[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

中村超硬、中国への物流考慮し沖縄に増産拠点

2016年3月22日 (火)

拠点・施設中村超硬、中国への物流考慮し沖縄に増産拠点中村超硬は18日、ダイヤモンドワイヤの生産能力を拡大するため、沖縄県うるま市の国際物流拠点産業集積地域に新工場を開設し、製造設備を増設すると発表した。

同社のダイヤモンドワイヤは、太陽電池向けシリコンウエハーを製造する際のスライス工程で使用する切断用工具。この製品を用いたスライス手法は固定砥粒方式と呼ばれ、従来の遊離砥粒方式に比べ、より細いワイヤでより高速な作業となる。

このため、中国市場を中心に需要が急増しており、こうした需要に対応するため、生産拠点の分散化と輸送経路を考慮してうるま市の国際物流拠点産業集積地域への工場開設を決めた。

工場は国際物流拠点産業集積地域の中の高度製造業賃貸工場地域にあり、沖縄県の使用許可を受けて使用する。

■増設する製造設備の概要
名称:沖縄工場
所在地:沖縄県うるま市勝連南風原5194番60
敷地面積:1万2200平方メートル
延床面積:4770平方メートル
増設する設備:ダイヤモンドワイヤ製造機械、付帯設備(第1期)
設備投資総額:18億円
生産開始:2016年12月