[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

寺田倉庫がワイン保管サービス刷新、高品質オプションも

2017年8月1日 (火)
空白

ロジスティクス寺田倉庫は1日、クラウドワインセラーを刷新し、月額1本90円から預かる「テラダ・ワインストレージ」として提供を開始する。

テラダ・ワインストレージはワインを最適な環境で保管するストレージと、保管中のコレクションを手持ちのパソコン、スマートフォンで管理するサービスを統合したワインセラーサービスで、1本(750ml)につき月額90円(税別)でワインを預けることができる。

ワインは寺田倉庫が検品、撮影、ワイン詳細データを入力し、マイページ上に顧客だけのワインノートを生成する。自宅、ワイン専門店、オンラインワインショップからの入庫に対応し、取り出しはオンラインで配送設定を行うことができる。

また、東京都千代田区、中央区、江東区、渋谷区、港区、世田谷区、目黒区、品川区、横浜市中区では最短当日14時までの依頼で17-19時の即日配達サービスも提供する。

通常(最短翌日)配送は1配送につき宅配便1350円、クール便利用の場合は1800円で1配送は6本までとする。当日配送は1配送2万円。

「実際に預けたワインを並べて閲覧したい」「ワインコレクションを更に充実させたい」というニーズに対しては、3000本以上の保管を条件にオプション料金で引き受ける。オプションサービスでは保管ワインをビューイングルームで閲覧することや、寺田倉庫専属ソムリエによるワイン情報の提供やコレクション充実のための相談に対応する。