[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

京王電鉄、農産物貨客混載に駒ヶ根市追加

2018年6月21日 (木)
空白

産業・一般京王電鉄は21日、高速バス路線を活用した貨客混載による農産物の販路拡大事業に、26日から新たに長野県駒ヶ根市が加わると発表した。

同社が岐阜県高山市と連携し、昨年9月に開始した貨客混載による地方の農産物などを輸送・販売する取り組みを拡大させるもの。

京王バス東(東京都府中市)が運行している高速バス路線「伊那飯田線」(新宿-駒ヶ根間)で、新宿方面行きのトランクを活用し、駒ヶ根市の新鮮な野菜や旬の果物などを東京へ定期的に輸送して、京王ストア八幡山店で販売する。

▲京王ストア八幡山店