ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

オリックス、物流ロボ無償レンタル2機種追加

2019年4月15日 (月)

ECオリックスとオリックス・レンテック(東京都品川区)は12日、同社が開発する物流施設のテナント向けに無償でレンタル提供する物流ロボットのラインアップを2機種追加する、と発表した。

今回追加されたのは、HIKVISION社製の自動搬送ロボット「Latent Mobile Robot」(レイテント・モバイル・ロボット)と、ZMP社製の台車型物流支援ロボット「CarriRo」(キャリロ)自律移動モデルの2機種で、6か月の無償レンタルサービスは、同社物流施設のテナントを対象に5月から開始される。

▲レイテント・モバイル・ロボット

レイテント・モバイル・ロボットは、専用の陳列棚の下に入り込み、棚ごと持ち上げて搬送するロボットで、個々の棚に貼られたQRコードを読み取り、棚を指定された場所まで搬送することができる。最大積載荷重は、600キログラムと1000キログラムの2つのモデルがあり、同社で運用中の倉庫管理システムとHIKVISION社のロボット運行管理システムの連携を行うことで、倉庫内の在庫状況などをリアルタイムに把握してロボットに指示を出すことが可能となる。

▲キャリロ自律移動モデル

キャリロは、従来のモデルに自律移動機能が付加され、発信機に反応して作業者や別のキャリロを自動追従する「カルガモモード」と、シールを貼って設定される走行ルートを自律移動する「自律移動モード」の2つが追加された。フックを引っかけて荷物をけん引することもできるため、現在使用中のカーゴをそのまま利用することも可能としている。

同社の無償レンタルサービスは、今回の2社2機種追加で、合わせて9社10機種の取り扱いとなり、同社は「ロボットの具体的な活用方法や導入効果シミュレーションなどをパッケージ化して提案していく」としている。

レイテント・モバイル・ロボット(最大積載600キログラム)
本体:140キログラム
外寸:幅65センチメートル、奥行き94センチメートル、高さ25センチメートル
最大積載荷重:600キログラム
最高速度(最大積載時):1.5メートル/秒
稼働時間:8時間
レイテント・モバイル・ロボット(最大積載1000キログラム)
本体:300キログラム
外寸:幅81.9センチメートル、奥行き113.7センチメートル、高さ32.5センチメートル
最大積載荷重:1000キログラム
最高速度(最大積載時):秒速1.2メートル
稼働時間:8時間
キャリロ自律移動モデル
本体:55キログラム
外寸:幅61センチメートル、奥行き91センチメートル、高さ24センチメートル
最大積載荷重:150キログラム
最高速度(最大積載時):時速6キロメートル(ドライブモード・追従モード)時速3キロメートル(自律移動モード)
稼働時間:8時間