[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

川崎汽船、ボーキサイト輸送第一船がUAE到着

2019年7月2日 (火)

ロジスティクス川崎汽船は2日、エミレーツ・グローバル・アルミニウム社(EGA社)との間で締結したボーキサイト長期輸送契約の第一航海船「MV Cape Taweelah」が、ギニアで積み荷を満載し、6月23日に揚げ地のアラブ首長国連邦・カリファ港に到着した、と発表した。

同契約は、パナマ運河やスエズ運河を通過できないケープサイズ型ばら積船による長期輸送契約で、「MV Cape Taweelah」は全長291メートル、幅45メートルの大型船。入港に向けて拡張工事を行っていたカリファ港では、ケープサイズ型ばら積船の初入港を祝う式典が開かれた。

EGA社はエネルギー産業を除くUAE内最大のアルミニウム生産企業で、アルミナ精錬工場をカリファ港の隣接地へ建設することで、原料のボーキサイト輸入からアルミニウムまでの一貫製造を可能とするプロジェクトを開始しており、川崎汽船は同プロジェクトに向けて年間500万トンのボーキサイトをギニアからUAEへ輸送する。