[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

フェデックス、ヘルスケア向け温度管理輸送刷新

2019年8月1日 (木)

ロジスティクスフェデックスエクスプレスは1日、ヘルスケア企業向けの「定温輸送ボックスを使用した温度管理輸送サービス」で品質を向上させた、と発表した。集荷から配送までの温度管理をより厳密にし、費用面でも効果が期待できるという。

このサービスは、同社が輸送依頼を受けた後、輸送中に温度を保つよう設定した定温輸送ボックスを保冷資材配送センターから顧客に配送するが、出荷品の梱包はボックスを受け取った顧客が行い、梱包後の集荷依頼によってフェデックスが集荷・輸送する。

従来のオペレーションでは、顧客がコールドチェーン設備を備えたフェデックスの施設に向けて出荷品を国内の温度管理輸送で発送し、同社が国際輸送のための再梱包を担っていたが、新たなオペレーションでは国内輸送や再梱包のような輸送の継ぎ目をなくすことが可能で、顧客は国内輸送で出荷品をフェデックスに輸送する費用、時間を削減できるようになる。

使用する定温輸送ボックスは真空断熱材を使用したもので、従来のボックスと比べて軽量化を図った。顧客はボックスの内箱に出荷品を入れるだけで発送できる。定温輸送ボックスには説明書と宛先が印刷された送り状、インボイスなどを添付して顧客に配送する。

使用する保冷ボックスは医薬品輸送でニーズが高い温度帯で梱包開始から96時間温度を保つことができる、容積が4-74リットルの5種類のものと、ドライアイスを使用して氷点下79度を48-96時間保つことができる、容積が10-80リットルの4種類――の計9種類から選択できる。