[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

花王、高級アルコールの生産増強、需要拡大に対応

2012年7月19日 (木)

拠点・施設花王は19日、アジアを中心とした高級アルコールの需要伸長に対応するため、フィリピン現地法人の「ピリピナス花王」の同製品生産能力を1.4倍に増強すると発表した。

 

これにより、花王はオレオケミカルの供給体制を整え、高級アルコールの誘導体品を拡販する。増強工事は2013年8月に完了する見通しで、投資額は30億円。

 

同社はケミカル事業の設備投資に力を入れており、6月には中国・上海金山区で花王(上海)化工有限公司の設立を発表している。

 

高級アルコールは、家庭用製品のシャンプー、洗剤などに配合される界面活性剤の主原料として用いられるほか、工業用洗浄剤、プラスチック加工用薬剤の原料など幅広い用途があることから、アジアで需要が伸長している。

 

ピリピナス花王の能力増強は、こうした需要拡大に対応するもので、世界トップクラスの生産能力を強固にして安定供給体制を構築する。