[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

EC事業者向け物流サービスでヤマト・ZHD業務提携へ

2020年3月24日 (火)

話題ECモールを展開するZホールディングスとヤマトホールディングスは24日、両社が業務提携することで合意し、6月末からEC事業者向けに新たな物流サービスを提供することを発表した。

▲(左)ZHDの川辺健太郎社長、(右)ヤマトHDの長尾裕社長

新サービスは、ZHDの「Yahoo!ショッピング」「PayPayモール」に出店しているEC事業者を対象に、ヤマトHDが自社の物流拠点と庫内作業員を活用したフルフィルメントサービスを提供するもので、ZHDは物流品質の大幅改善と出店者の業務負担軽減により翌日配達に対応する商品を増やし、利用客の満足度向上を目指す。

ヤマトHDは、新サービスに2種類のパッケージを用意しており、1つ目の「フルフィルメントサービス」は、受注、ピッキング、梱包、出荷、配送までの全業務をヤマトが請け負う。

2つ目の「ピック&デリバリーサービス」は、EC事業者の倉庫で当日発送の商品をまとめてヤマトの物流拠点に持ち込むと、その先の帳票発行、個別ピッキング、梱包、出荷、配送といったサービスを受けられる。

同社は3月24日から新サービスの利用受付を開始し、6月30日から全国で提供を開始。利用料金については、「パッケージ化した料金体系とするが、発送方面や距離によっても異なるので、個別に対応する」(ヤマトHDの長尾社長)という。

ヤマトHDの長尾裕社長は、この取り組みについて「EC物流も次のステージに入らなくてはならない。ヤマトグループの物流リソース活用とZHD・ヤマトHDのデータ連携により、ECモール出店者を総力をあげて支援していく」と話し、業務提携にかける思いを語った。

一方、ZHDの川辺健太郎社長は「欲しい物が欲しい時に手に入る世界を実現し、2020年代前半にEC業界3位から1位となることを目指す。これには物流・配送の強化が欠かせない。ZOZOやアスクルといったグループ内の物流機能を活用するほかに、ヤマトと新サービスを開始することでこれを実現する」とし、業務提携の意義について話した。

取扱高でZHDの上位にいるアマゾンと楽天は、物流拠点の展開と自社物流網の構築を加速しており、物流面で水をあけられているZHDとEC物流を積極的に取り込みたいヤマトHDの思惑が一致したものとみられる。