[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

三菱倉庫、大阪・茨木市で医薬品配送センター増設

2020年6月11日 (木)

メディカル三菱倉庫は11日、医薬品の取扱量増大に対応するため、茨木4号配送センター(大阪府茨木市)の敷地内に「茨木4号配送センター2期棟」(仮称)を建設すると発表した。2021年8月に着工し、22年11月の竣工を目指す。

▲茨木4号配送センター(出所:三菱倉庫)

茨木4号配送センターは、名神高速道路・茨木インターチェンジに近く、西日本向けの医薬品配送センターとして最適な立地。2期棟(仮称)は延床面積2万6500平方メートルとする予定で、全室空調、全床防塵仕様、免震構造、非常用発電機、太陽光発電設備、全館LED照明――などを採用する。

また、医薬品専門の運送子会社とともに展開している医薬品保冷配送サービス「DPクール」の配送中継ターミナルとしても活用する考えで、竣工後は医薬品の適正流通ガイドラインに準拠した高品質な医薬品物流サービスを提供していく。