[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

三菱ふそう、四国旗艦拠点の松山支店を大幅改装

2020年7月9日 (木)

荷主三菱ふそうトラック・バスはこのほど、四国で最大の入庫数を有する松山支店を大幅改装し、6日から営業を開始したと発表した。

▲リニューアル式典の様子

松山支店は、松山市と周辺3市などを管轄する営業・サービスの旗艦拠点。今回の改装では、「ふそうディーラーコンセプト」に基づき外観イメージを一新した。

整備工場内では、CO2排出量を削減するため、四国初となる電気トラック用急速充電設備を新設したほか、作業環境の効率性と安全性を向上させるため、メカニックルームの面積を従来の2倍に拡張し、最新リフトを導入した。

また、待合室を男女別とし、女性用待合室には独立洗面台を設備することで、女性ドライバーも快適に過ごせる空間を設けている。

同社は、国内販売拠点でプロセス改善と意識改革に取り組んでおり、今回の改装は、顧客向けに高品質なサービスを提供し、従業員向けに労務環境を改善する「ミライ」プロジェクトの一環として実施した。

■松山支店の概要
所在地:愛媛県松山市空港通6-17-8
電話番号:089-972-1151(営業・サービス共通)
営業時間:8時30分〜19時
業務内容:三菱ふそう製トラック・バスの販売、整備、部用品販売など
整備ストール数:18ストール