[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

CREクラファンで過去最大規模の募集額

2020年10月1日 (木)

拠点・施設オンラインで不動産ファンド投資ができる「FUEL(フエル)オンラインファンド」を展開するフエル(東京都渋谷区)は9月30日、日本で初めて「物流不動産に特化」したクラウドファンディングである「CREファンディング」で、過去最大規模の募集額となる「CRE物流ファンド8号杉戸」の投資申込を12日19時から受け付けると発表した。

「CREファンディング」は、個人投資家向けに物流不動産投資に対するハードルを下げることを目的に開設したもので、専用ウェブサイトで会員登録と口座開設を済ませると、1口1万円から非上場の不動産投資商品に投資することができる。

▲投資対象物件(出所:CREファンディング)

申込受付を開始する「CRE物流ファンド8号杉戸」は、募集金額が2億3000万円と過去最大規模だが、その投資対象は現在工場として使用されている物件。CREは、「CREファンディング」を立ち上げたことし2月に「将来的には物流不動産以外のアセットタイプも取り扱う可能性がある」としており、今回がこれに該当する。

フエルは「将来的な物流施設への転用が可能な施設」としており、CREグループとグループのファンドでは「現況が工場利用の場合も投資対象」としていることを説明している。