[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

コープみらい、配送センターの委託先社員に感染確認

2020年10月13日 (火)

国内生活共同組合コープみらい(さいたま市南区)は13日、千葉県印西市のコープデリ印西センターに勤務する委託先社員が、新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。

同社員は9日にPCR検査を受け、12日に「陽性」と判明したが、コープみらいは同社員が保健所から濃厚接触者と認定された8日の時点でセンター内や配送車両、機材などの消毒を実施。日頃から出勤前の検温と出勤時の体調確認を行っており、最終出勤日の8日まで同社員に症状はなかったという。

所管する保健所は、業務中に職員全員がマスクを着用しており、手指の消毒を行うなどの対策を実施していることから、「組合員・職員ともに濃厚接触に該当する人はいない」との見解を示しており、現在同センターは通常通り営業している。