[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

カインズ、三重・埼玉に大型物流拠点23年から稼働

2020年11月27日 (金)

拠点・施設ホームセンターチェーンを展開するカインズ(埼玉県本庄市)は27日、三重県と埼玉県に「次世代大型物流センター」を新設し、三重県の施設(2.5万坪)を2023年秋に、埼玉県の施設(1.8万坪)を24年中に稼働させることを発表した。

▲三重県の新物流センターのイメージ図(出所:カインズ)

同社が「西のマザーセンター」と呼ぶ三重県の施設は、在庫を持たずに仕分けや配送を行う通過型物流センター(TC)機能と、在庫を保管し受注に応じて出荷する保管型物流センター(DC)機能を持ち、DC機能では主に海外商品の在庫を保管する。

埼玉県の施設は「首都圏センター」と呼ばれており、主にTC機能を持つが、管轄エリアの売れ筋商品を在庫として保管する機能も担う。

同社は今後、業務自動化の新システムを開発し、荷下ろしや運搬、小分けなどを行う物流ロボットや自動運転のマテハン機器を両拠点に導入することで24時間稼働を実現するなど、センター内業務の効率化を図る。

また、この取り組みを同社物流センターの基本モデルとし、将来的にサプライチェーン全体の標準化に取り組むにあたり、専門人材の採用も予定しているという。