[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

カナダ企業、日本で物流不動産向け投資会社設立

2021年1月13日 (水)

話題カナダ・ケベック州の投資信託銀行傘下の不動産子会社、アイバンホー・ケンブリッジは13日、日本で1997年に不動産投資を開始したPAGと共同で、国内物流不動産をターゲットとした投資会社「ジャパン・ロジスティクス・ベンチャー」を設立したと発表した。投資資金は最大435億円。

ジャパン・ロジスティクス・ベンチャーは今後、長期保有を目的に特に都市部で、ラストワンマイル物流向け「コア資産」の開発・取得を目指す。

アイバンホー・ケンブリッジのジョージ・エイジゼン氏(アジア太平洋シニア・バイス・プレジデント)は「日本の投資対象は都市圏にあり、空室率も低いため、今後もECの普及に大きく期待できる点が魅力的」とコメントした。