[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

コマースロボ、物流業者向けに「モバイルマテハン」

2021年2月22日 (月)

サービス・商品コマースロボティクス(東京都港区)はこのほど、スマートフォンやスキャナーなどでマテハン機器を代用し、商品の分配やピッキングなどを行うIoTシステム「モバイルマテハン」の販売を開始した。同社が提供するクラウドWMS(倉庫管理システム)の「エアロジ」とのデータ連携により使用する。無線SIM入りの1ユニットのレンタル費用は月額2万円からで、年内に200セットの販売をめざす。

モバイルマテハンでは、注文ごとに商品を効率良く分配するTAS(タブレット・アソート・システム)とTDS(タブレット・ディストリビュート・システム)、定期通販向けにチラシを注文ごとに分配するCPS(チラシ・ピック・システム)の3つの分配機能を提供。あわせて、音声ピッキングも可能なトータルピッキング機能を備える。

なお、同社はスマートフォンを物流IoT機器として利用するためのさまざまな取り組みを進めており、新たな用途開発に向けて、3PL向けに「モバイルマテハン」の無償貸出サービスも提供するとしている。