ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

スギ薬局が大府市に中核物流センター、本部機能も

2016年1月14日 (木)

メディカルスギ薬局(愛知県安城市)は、8月にも同県大府市で新たな物流センターを開設し、安城市の本部機能をセンター内へ移転する。

スギ薬局が大府市に中核物流センター、本部機能も移転

同社は昨年12月末時点で978店舗を運営しているが、今後の店舗拡大に向けた物流インフラを再構築するため、全国の既存物流センターを13施設に再編。新センターはこれらの中核機能を担う物流拠点として開設する。

商品だけでなく、店舗運営で必要なものすべての流通を担う「総合物流センター」「流通のネットワーク基地」としての役割を担う。

また、本部業務すべてをセンター4階に集中・集約し、「俊敏で密な組織運営」「経営のさらなるローコスト化」を図るとともに、地域に密着し、地域コミュニティ化の推進を担う汎用性ある施設として運用する。

新物流センターと新本部の開設に伴い、同社は同センターで業務にあたる「社員・パートナー」を募集。併せて「65歳以上」「特定の曜日・時間帯や一日当たり数時間の勤務」に柔軟に対応できるよう、業務を編成して受け入れ態勢を整え、同時に募集する。

■新物流センターの概要
名称:大府センター
所在地:愛知県大府市横根町新江5-1
構造:地上4階建て(1-3階が物流センター、4階は本部)
敷地面積:1万6000平方メートル
延床面積:3万3000平方メートル

この記事のその他のテーマ