ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ECロボ、7/30から物流コンペ窓口サイトの利用者募集

2016年6月28日 (火)

サービス・商品ECロボ(東京都港区)は28日、企業・消費者向けの両方に対応する物流アウトソーシングサービスのウェブサイト「物流の窓口:クラウドロジスティクスECx」を開設し、7月30日から利用者の募集を開始する、と発表した。

ECロボ、730から物流コンペ窓口サイトの利用者募集

物流の窓口ECxは、倉庫会社や発送代行会社の遊休スペース、人材といったリソースを仲介するサービスで、マッチングした会社にはクラウドWMSの提供も行う。1次選定までは相互に匿名でやり取りできるのが特徴で、敷居を低くすることで利用しやすくする。

ネット通販市場の拡大に伴い、ネットショップ向けの発送代行サービス市場も拡大しているが、自社の物流ニーズに適した物流会社を探しだすのは困難で、物流会社によって見積もり要件が異なることから、業者選定に専門性が必要になっていた。

物流の窓口ECxでは、遊休リソース(スペース・人材)を所有する物流会社、倉庫会社、発送代行会社に登録してもらい、荷主企業が登録した物流案件に対してウェブ上で物流コンペを開催する。

倉庫運営会社はあらかじめ見積マスターを窓口ECxに登録しておくことで、容易に物流コンペに入札できるようにする。選定方式は、1次選定、2次選定の2段階方式を採り入れ、1次選定では相互に匿名で物流コンペを行う。

荷主企業は物流会社ごとの見積もりと会社規模や受注実績を評価し、1次選定をウェブ上で実施。コンペに参加した会社にはメールで結果を配信する。

1次選定通過会社には、相互に会社情報と連絡先を開示し、2次選定に向けた商談を直接開催。ウェブ上から2次選定(最終選定)を設定する操作にも対応する。

同社は5月から倉庫募集を開始し、これまでに30社が登録。今後、100社まで登録を増やし、案件を広告などで募集していく。16年中に倉庫会社300社、登録案件300件を目指す。

■物流の窓口Ecx
http://www.crowd-logistics.com

この記事のその他のテーマ