ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

沖電気、社会インフラシステム向け保守サポートを強化

2014年4月24日 (木)

EC沖電気工業は24日、同社が提供する消防指令・無線、市町村防災、道路管制などの社会インフラシステムに対し、システムの利用方法の問い合わせから故障発生時の復旧作業完了までワンストップで対応する、24時間365日運用の「社会システムコールセンタ」を東京都内に設立し、今月から運用を開始した、と発表した。

システムに精通した技術者を専門スタッフとして常時配置するとともに、機器の故障を自動でコールセンタに通知するM2M技術を使った「機器故障自動通報サービス」など、サービスメニューを充実させ、きめ細かなサポートを提供する。

このコールセンターは、耐震構造の建物、システムの二重化、ISO27001に基づくセキュリティマネジメントなどによって、災害やセキュリティ上のリスク対策を施した。同社グループでサポートサービスを担うOKIカスタマアドテックが、運用を担当する。

まず「消防指令システム」と「消防救急デジタル無線システム」に対する保守サービスの提供を開始し、対応システムを段階的に拡張する。サービスの提供価格は、顧客のシステム構成などに基づき、個別に見積もる。また、販売店を通じたサービスの提供・販売も行う。