[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

北陸国際物流チーム、名古屋・東京で地震代替輸送訓練

2014年10月6日 (月)

ロジスティクス北陸信越運輸局は6日、同運輸局と北陸地方整備局が事務局を務める北陸地方国際物流戦略チームの枠組みで、首都直下地震に対応した代替輸送訓練(図上訓練)を実施すると発表した。

今年度は、日本海側の港湾が質の高い代替性を発揮できるよう、代替輸送訓練を通じて発災時でも効率的な輸送を図るため、輸出の帰り荷を使った支援物資の搬送、その逆などの物流システムを検討する。

訓練に先立ち、事前に訓練参加者同士の体験共有・意見交換を行うことで、より実効性のある訓練にするため、ワークショップを開催する。ワークショップは10月9日に東京、27日に名古屋、訓練は11月25日に東京、28日に名古屋でそれぞれ開催する。

名古屋会場では、太平洋側の大規模災害発災時の対応を整える観点から、南海トラフ地震を想定して実施する。