[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

欧州の炭素繊維複合材料事業基盤を強化

東レ、伊メーカーから炭素繊維プリプレグ事業買収

2014年12月11日 (木)

M&A東レは10日、イタリアのサーティ社(ロンバルディア州コモ県)から欧州の炭素繊維織物・プリプレグ事業を買収する、と発表した。来年1月にサーティ社が持つ工場(ミラノ県レニャーノ)の資産を引き継ぎ、東レ子会社「コンポジット・マテリアルズ・イタリア」として事業を開始する。

今回の事業買収により、川中にあたる中間基材事業拠点を手に入れることで一貫した自社サプライチェーンを確立し、欧州での炭素繊維複合材料事業の基盤を強化する。

サーティ社の炭素繊維織物・プリプレグ事業は、東レグループの炭素繊維の顧客として急速に事業を拡大しており、今後は東レグループの持つ技術をコンポジット・マテリアルズ・イタリアに移転するとともに、グローバル販売チャネルを活かし、欧州にとどまらない事業拡大を目指す。