[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

15年2月期個別決算

柿安本店、物流コストアップ響き営業益17%減少

2015年4月14日 (火)

財務・人事柿安本店が13日に発表した前2月期決算によると、同社の「運送費・保管費」が個別売上高に占める割合は1.1%で、前年から0.1ポイント悪化した。

売上高が432億6000万円(個別ベース)で前年から2.2%増えた一方、運送費・保管費は4億5900万円で13.3%と大幅に増加。この影響もあって営業利益は17.5%減の24億3100万円にとどまった。

連結(単位:百万円)2015年2月期2014年2月期増減
売上高(個別業績)43,26042,3192.2%
運送費・保管費45940513.3%
物流関連コスト比率1.1%1.0%0.1P
[編集部注]
物流関連コスト比率は公表されている財務諸表から関連すると判断した数値を選び、売上高に占める比率を算出したもの。物流費の定義は企業ごとに異なる場合が多いため、厳密な指標ではなく推移を見るのに適している。