[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ネクストエンジンとオープンロジが連携、物流委託容易に

2015年10月28日 (水)
ネクストエンジンとオープンロジが連携、物流委託容易に

(出所:Hamee)

ECHamee(ハミィ)は28日、同社が提供するECバックヤード効率化システム「ネクストエンジン」と、シンプルな操作で物流を委託できる「オープンロジ」がAPIで自動連携する「オープンロジ連携アプリ」の提供を開始したと発表した。

ハミィによると、ネクストエンジンのユーザー数は2000社を超えているが、物流に関する問い合わせが多く、EC事業者は販促に注力したい一方で、煩雑な出荷業務に追われるケースが少なくないため、物流の外注需要の多さを実感していた。しかし、物流をアウトソーシングするにはシステム構築の手間に加え、費用的な面で一定以上の事業規模が必要なことなどが障壁となっている。

一方、オープンロジは「商品1個から」「最短2分で利用できる物流アウトソーシング」を掲げ、シンプルな料金体系と運用で中小規模のEC事業者が物流を外注しやすい環境を整えていることから、ハミィはオープンロジとシステム連携することで「これまでアウトソーシングを利用できなかった多くのEC事業者の”出荷業務シンプル化”が実現する」と期待。

既にトライアル利用を行っている企業もあり、EC事業者からのニーズの強さを感じているという。

ネクストエンジンは、複数の店舗の在庫・受注・商品ページ管理を一元化し、EC事業者の人的・時間的コストの削減を図るASP型のシステムで、APIを開放することで他社サービスとのつなぎ込みが容易になるなど、EC事業者の利便性を高めるツールが次々に立ち上がる「プラットフォーム化戦略」が強み。

また、「越境ECのシステムプラットフォーム」を目指し、主要な海外モールやカー
トシステムとの連携を進めており、グローバル展開を見据えている点も同システムの特徴となる。