[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ニッセンが大型家具配送撤退、物流施設24億円で売却

2016年2月8日 (月)

拠点・施設ニッセンホールディングスは8日、早期黒字化に向けた経営合理化策の一環として、子会社のニッセンが保有する三重県いなべ市の物流施設「三重大型商品配送センター」を24億1000万円で合同会社壬生キャピタルに売却すると発表した。

ニッセンブランドの大型家具事業は、2人体制の配送が必要なため配送コストが大幅に増加し、事業損益構造が年々悪化していたことから、「将来的な損益回復が見込めない」として今月中に同事業から撤退することを決めた。

事業の撤退に伴い、物流配送インフラを担っている三重大型商品配送センター譲渡するもので、帳簿額は49億2900万円。3月31日付で引き渡す。