[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

三社電機、中国製造拠点買収しパワーシステム事業強化

2017年2月2日 (木)

荷主三社電機製作所は1日、子会社の三社電機イースタン(長野県茅野市)がイースタン(同)のパワーシステム事業を4億9600万円で買収し、同事業に含まれるイースタンの中国中核製造拠点「東莞伊斯丹電子」と併せて取得したことを発表した。

三社電機イースタンが対象事業を取得したのは2016年10月31日で、公表が遅れたことについて、三社電機製作所は「遅滞なく開示すべきだった」としている。

東莞伊斯丹電子を取得したのは、買収したイースタンのパワーシステム事業における製造拠点の中核であり「今後の三社電機イースタンの事業運営に欠かせない会社」だと判断したことによるもの。これにより、今後はグローバルベースで製造力の強化を図り、競争力のある製品を顧客に供給していく考え。