[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

日通、成田近くに医薬品対応の冷凍冷蔵庫新設

2017年7月24日 (月)

拠点・施設日本通運は24日、成田地区に大型冷凍・冷蔵施設を開設したと発表した。成田空港から5キロ離れた自社物流センター内に、医薬品をターゲットとした「成田テンパラチュア・コントロールド・ハブ」を新設し、12日から営業を開始した。

世界的にGDPなど輸送・保管時の医薬品の品質確保を図る基準への対応が求められるようになっていることから、新施設ではGDPに準拠した温度・品質管理体制を敷いて高品質な温度管理輸送サービスを提供する。

15度から25度、2度から8度、マイナス20度以下の3温度帯に対応し、常時温度をシステム監視することで、バリデーション結果の提示が可能。設定温度条件から逸脱した場合、システムによる警告を発報し、即時に認識できるようにする。

また、非常用バックアップ電源を設置し防塵床、防虫、内壁静電防止仕様を取り入れ、定温庫内ではリーファーコンテナに給電できる設備を整えるほか、施設内に監視カメラシステムを導入し、入退室も全室ICタグで管理する。

■新施設の概要
所在地:千葉県成田市東和泉字鏡前443-50成田空港物流センター一般棟2階
床面積:1320平方メートル
認証:ISOTOPE9001、ISO14001、AEO保税蔵置場
サービス内容:輸出入貨物の一時保管、梱包、通関など