[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ランテック、南港に免震冷凍立体自動倉庫備える新拠点

2018年4月7日 (土)
空白

拠点・施設センコーグループホールディングス傘下のランテックは6日、関西の新拠点として大阪市住之江区の大阪南港地区に大阪支店開設した、と発表した。

新支店は阪神高速湾岸線南港北ICに近く、延床面積は2万393平方メートル(6168坪)。建物は4階建ての冷凍冷蔵倉庫で、免震構造では国内最大級の冷凍立体自動倉庫を備える。

トラックバースは32台の接車に対応、すべてドックシェルターを備え、保管商品が外気温に触れることなく荷捌きを行うことができる。また、自動倉庫には6100棚、4層の冷凍冷蔵庫には5000棚と合わせて1万1000棚のロケーション管理に対応。荷物用エレベーター1基と垂直搬送機3基を設け、荷役効率の向上を図る。

このほか、冷凍冷蔵設備に省エネ型の自然冷媒冷凍機を採用した。

■大阪支店の概要
所在地:大阪市住之江区南港東8丁目3番22号
建物構造:鉄骨造倉庫4階層事務所4階層自動倉庫(免震構造)
敷地面積:1万ン4939平方メートル(4527坪)
延床面積:2万393平方メートル(6168坪)
設備:荷物用エレベーター1基、垂直搬送機3基、省エネ型自然冷媒冷凍機、デシカント空調設備
営業開始:2018年4月9日